GLOBAL REPORT | Global Cast | 関西外大 
Food

チリの意外な食生活〜その2〜

CHILE

CHILE Jun. 14. 2016

高柳一心

こんにちは、チリカトリック大学でスペイン語学留学中の高柳一心です。
前回の「チリの意外な食生活」の続編を、紹介させていただきます。

主食
まず最初に、日本の主食といえば何ですか?おそらく、満場一致で「お米!」と答えるでしょう。朝にパンを食べるか、ご飯を食べるかという論争はありますが、一般的ににはお米が主流でしょう。それでは、チリの主食とは何でしょうか?実は、これといった主食がないのです。チリではトウモロコシ・米(インディカ米)・麦・じゃがいも・豆類など様々な炭水化物を満遍なく食べるので、「これがチリの主食」と決定づけはできません。朝はパン、昼はレンズ豆、夜はお米といったように、主食を定めないことが一般的なようです。あくまで僕の推測ですが、多民族国家であることが理由の一つだと思います。チリには主に「マプーチェ族」という先住民族が元来住んでいましたが、スペインの征服以降、スペインを中心とするヨーロッパの移民の流入に伴って食文化が形成されてきました。チリの人口の大部分が先住民族との混血で、先住民族古来の食文化と移民によってもたらされた食文化が複雑に組み合わさって現在の食文化が成り立っているのでしょう。

味付け

基本的にチリの味付けは、塩、酢、砂糖、オリーブオイルで済ませてしまいます。そのため、調味料のバリエーションが少なく、物足りなさを感じることが多いです。日本では醤油に味噌、旨味調味料やソースなど様々な調味料があるため、味に飽きることは全くありませんでしたが、チリでは種類が豊富ではないためどうしても飽きてしまうのです。したがって、特に旨味を感じられる料理が少なく、日本食の「だし」の文化がいかに素晴らしいかを日々実感します。ある日、チリ人の友達にカレーを作った時の話です。日本から持ってきたカレールーを使ってカレーライスを作り、試食してもらうと「いろんな味がする、でも美味しい」の一言でした。「いろんな味ってなんやねん!」とツッコミたくなりましたが、それがチリ人の味覚なのです。私たち日本人からするとカレーの味をただ「カレー味」としてカテゴライズするのに対して、チリ人は「カレー味」を「複数の味が合わさってできた味」として分類するようです。普段食べているものから味覚も違ってくるんだと実感した瞬間でした。


●ペルー料理

日本で韓国料理や中華料理が人気であるように、チリでは隣国のペルー料理が人気です。どのチリ人に聞いてもペルー料理は格別に美味しいと言います。そんなに美味しいというのなら一度食べてみようとペルー料理を食べに行きました。写真はCeviche(セビーチェ)という料理で、魚やホタテ、カニをぶつ切りにして、タマネギや香草とともにたっぷりのレモン汁で和えたものです。これがとびっきり美味しくて、チリで食べた料理の中で最も好きなものの一つです。


 

寿司

チリにも「寿司」はあります。街中には寿司レストランが多く、どこへ行っても「Sushi」の文字を見かけます。チリ人によると現在「寿司ブーム」だそうです(数年前はメキシコ料理だったそう)。でも、いわゆる日本でいうにぎり寿司ではなく、カリフォルニアロールが一般的です。チリでの寿司の発音は「スシ」ではなく、「スチ」です! 僕の名前は「イッシン」なのですが、チリ人には「イッチン」と言われることがしばしばです(笑)
中身は非常に自由で、アボカドを入れたり、フライドオニオンを入れたり、ときにはフルーツを入れたりと日本人からすると「それも入れるの?」と思わず訊きたくなるものもネタにしてしまいます。また、電車の中や、駅の出入り口で「スチ」売りが頻繁に現れます。私は駅や電車では買ったことがないですが、滞在中には一度挑戦してみたいと思います。



↑アボカドとマグロのスシ。マヨネーズににんにくチップスが入ったソースにつけて食べます。なかなか美味しいです。



↑街中で見かけた看板。その名も¨Sushi Fruit¨ これには唖然としましたが、ローカライズ戦略の一つなのでしょう。


●ヨーグルト
サンティアゴの地下鉄の各駅には日本では見かけないヨーグルトの自動販売機が当然のように置かれています。毎朝、通学するときに必ずと言っていいほどヨーグルトを電車の中で食べている人を見かけ、またヨーグルトの種類が豊富で、スーパーにはそれだけのコーナーが堂々と設けられています。ホームステイ先の冷蔵庫にも常備されていて、実際に私も毎日2食は食べています。それほど、ヨーグルトを食べることはチリ人の食生活に感化されていると思います。
 


以上2回に渡って、「チリの意外な食生活」について紹介してまいりましたが、少しだけでもチリの食文化への理解は深まったでしょうか?「魚料理が豊富」、「辛い料理」のイメージはおそらく払拭されたと思います。とはいってもチリ料理を一言で表すことは難しいですが、なんとなく「チリってこんな文化なんだ」と大まかなイメージを理解していただけたら嬉しいです。最後まで記事を読んでいただいてありがとうございました。

次回は、チリの交通事情について紹介します!

CHILE

CHILE Jun. 14. 2016

高柳一心