Travel

メキシコもいいところ

MEXICO

MEXICO Feb. 12. 2017

高見和宏

最近やっとメキシコの生活に慣れてき、趣味を見つけるのに必死な高見和宏です。(20163月スペイン語学科卒業)

 

2017年もメキシコから現地の生活や仕事について投稿できていけたらなと思います。

引き続きご愛読いただければ幸いです。

 

日本はかなり寒い日々が続いていると親から連絡があり、メキシコの温暖な気候を伝えるとかなり羨ましがっていました。しかし私が居るメキシコシティ―は、メキシコと言っても朝晩は5度をきることもあり、ダウンやマフラーを身につけることもあります。なぜなら、ここは標高が2250mだからです。ちなみに、留学先であったエクアドル・首都キトは標高2850m。だから高地には慣れているはずなのに、昨年挑戦した富士山の登山では8合目あたりで高山病になるという苦い思い出があります。苦笑

こんな私ですが趣味は、旅。と言うことで今回の投稿では、メキシコの素敵な場所を私のオススメ順にランキング形式で紹介していきたいと思います。

 

4位 Teothihuacan

メキシコと言えばやはりピラミッド。メキシコに訪れたら必ず行ってみたい観光地だと思います。と言うことで、1225日クリスマスにメキシコシティ―の近郊にあるティオティワカンに行ってきました。シティーからは観光バスが頻繁に出ているため、かなり行きやすい観光地です。訪れた日がクリスマスだというのに、かなり暑く麦わら帽子をかぶり、灼熱の太陽を浴びながらピラミッドに登りました。

 

3位 Las Estacas

モレロス州にある自然公園。公園内には、湧き出てきた水が流れおり、真水と言うこともあり不思議と体がすぐに沈んでいきます。溺れる可能性があるので、公園内では有料でセイフティ―ジャケットの貸出があるぐらいです。でも、透明度抜群の水の中を泳ぐのはとても気持ちいいです。

 

2位 Guanajuato

16-18世紀に銀鉱で栄え、最盛期には世界一の産出量を誇り、現在は町全体が世界遺産の美しい高原都市です。年末年始はここで過ごし、新しい年を迎えるとともに中心街に花火が打ち上げられ、花火と古風な街並みのコラボレーションがなんとも綺麗でした。

 

1位 Cancun

ユカタン半島のカリブ海とラグーンに囲まれた世界有数のリゾート地カンクン。灼熱の太陽とコバルトブルーのカリブ海がパラダイス。メキシコシティ―からは飛行機で3時間ぐらいかかり、空港に到着とかなり焼けたタクシー運転手のおっちゃんたちが迎えてくれます。カンクンは素敵な海だけでなく、付近には有名なピラミッド(チチェンイッツァ) や自然公園があるため、そのツアーに参加するのもオススメです。

 

日本からは少し遠いですが、メキシコを訪れる価値はかなりあります。みなさんのお越しをメキシコで楽しみに待ってまーす。

 

高見

 

MEXICO

MEXICO Feb. 12. 2017

高見和宏