GLOBAL REPORT | Global Cast | 関西外大 
Travel

冬休み旅行体験記 in New York part 1

U.S.A.

U.S.A. Feb. 03. 2016

堤野紘明

2016年、あけましておめでとうございます!あっという間に留学生活も半分終わってしまいました。なんとこのブログで大学の授業に一切触れることなく学期が終わってしまい、トホホ。でもね、授業については他の投稿者の方々が存分に書いているので、もうこの際開き直って何か違うことでも書いていこうかなと思います。ということで、今回は冬休みを利用して行ったニューヨーク旅行についてお話します!

いやまさかね、人生の内でこんなに早くNYに行けるとは思ってもみなかったですね。今回は飛行機で移動。NYへは日本からだとケネディ国際空港に到着がお決まりですが、国内線だとラガーディア空港に到着します。で、NYといえばマンハッタンが有名なんですが、僕らのグループはマンハッタンから程遠いフラッシングというチャイナタウンにホテルをとることに。マンハッタンまで電車で40分くらいかかる所でした。「大阪の難波遊びにいこか!」ゆうて枚方にホテル取るようなもんですね。ちょっと不便。


▲Times Square

さて、NYといえばあそこですよね!そうタイムズスクエア!(自由の女神と思った人ゴメンね)ということで、まずそちらに向かいました。道中思ったのですが、やっぱりド田舎のカンザスとは違いすぎる。ビルばっかり。空が低く感じましたね。ビルが高いわりに道が京都市みたいに碁盤状になっているので、まずマンハッタンで迷子になることはあり得ないと思います。そしてタイムズスクエアですが、ごちゃごちゃしすぎてもう説明できません(笑)。ブロードウェイの劇場があるのでいたる所にミュージカルの看板が目につきます。見たかったなあ。さすが、「世界の交差点」と言われるだけあって海外からの観光客であふれていました。僕もその一人なんですけどね。ここで大晦日恒例の「カウントダウン」があるのですが、各地から100万人も集結するので、それはもう恐ろしいことになるそうです。友達と行く行かないで喧嘩まがいの話し合いをした結果、行かないことになりました。(トホホ) このカウントダウンに参加したいって方にアドバイス:1)正午までには現地に行く。 2)バックパック不可、手荷物は最小限に。 3)人が多すぎてトイレに行けないので、オムツをはく。これマジ。4)あとは気合で氷点下の下10時間以上立ったまま過ごす。これら忘れないでくださいね!


▲メトロポリタン美術館

さて、タイムズスクエアの次に行ったのが「メトロポリタン美術館」です。ここは美術館というより、「世界中から集められた絵画、彫刻、歴史資料の大博物館」といった方がいいくらいで、到底1日で全てを見ることは不可能です。てことで、僕らが真っ先に向かったのは、やっぱりジャパンコーナー(笑)。伊達正宗の鎧だとか、十一面観音像だとか、日本でも国宝級にあたるものがたくさん所蔵されているのには驚きました。さすがアメリカ...。有名な絵画としては、「ソクラテスの死」(ジャック=ルイ・ダヴィッド作)を鑑賞。この絵についてざっくり説明すると「ソクラテス、異教広めようとしたから死刑な!」「よっしゃ、このソクラテスが最後、男見したるわ!毒持って来い!」「うわーん、ソクラテス先生死んじゃやだよー!」って状況だそうです。興味があれば実物を見にいってください。


▲ソクラテスの死 (The Death of Socrates)

まだ他に行ったところはあるのですが、長くなりそうなので今回はここで一旦区切ろうと思います。近いうちにpart2をアップするので、どうぞお楽しみに~。


 

U.S.A.

U.S.A. Feb. 03. 2016

堤野紘明