GLOBAL REPORT | Global Cast | 関西外大 
Travel

冬休み旅行体験記 in NY part2

U.S.A.

U.S.A. Feb. 03. 2016

堤野紘明

こんにちはヒロアキです!カンザスは暑かったり寒かったり大変です!前回に引き続きNY旅行記をお伝えします。前回で伝えきれなかったことが多くて、ちょい長めになります。

 

・ショッピング

今回の旅で一番楽しかったのはショッピングですね。NYにはほんとにいろんなお店があります。有名なところでタイムズスクエア、ミッドタウン等々...。 そんな中、僕たちが行ったのはSOHO (South of Houston Street) というマンハッタンのダウンタウンにあるエリアです。このエリアの建物は多くが「キャストアイアン建築」というオシャレな建築スタイルなので、見た目もなんだかヨーロピアンな雰囲気がありました。特に若者向けのファッション店が多かった気がします。Victoria’s Secret, Michael Kors, Coachなど日本ではお高いランクに入るものや、日本ではまだお目にかかったことのないブランドが軒を並べています。どの店も高級そうなので、ただ店に入って一通り見てから出るを繰り返していたのですが、それでも十分New Yorkerを満喫できました。

 

▲SOHO(New York大学近く、鉄骨ばかりで見栄え悪くてすいません。)

・夜景

NYといえば夜景と思う方も多いと思います。そこで僕たちが行った場所も含めNYおススメの夜景スポットを徹底解説しようと思います。まず高いところからの夜景が見たい方は「エンパイアステートビル」またはロックフェラービル」のどちらかです。両方ともマンハッタンの真ん中あたりにあるので、アクセスは便利だと思います。ただ、旅行シーズンに行くとどちらも3時間以上並ぶのと、約40ドルぐらいの入場料がかかります。それでも地上100メートル以上からマンハッタンを見下ろせばそらもう絶句でしょうね。男性の方はエンパイアステートビルの展望台で好きな人に「ここはTop of the Worldって呼ばれてるんだって。その世界が君と僕の二人だけの世界だったらいいのにね(キリッ)」とか言えば女の子もイチコロなんじゃないですかね(適当)。高さはエンパイアのほうがわずかに高くて景色もいいらしいですが、エンパイアからだとせっかくきれいなエンパイア自身が見えないんですよね。なのでロックフェラーのほうがいいという人もいます。

次は、僕たちが実際に行った「ブルックリンブリッジ」です。これは世界最古のつり橋「ブルックリンブリッジ」を渡ってブルックリンから対岸のマンハッタンを眺めるというもので、利点はなんといっても「タダ」なことです。こちらはビルの上からとは違ってマンハッタンすべてを一望できるので、これまた綺麗ですね。少し歩きますが、SOHO等ダウンタウンに行くなら、ぜひ足を延ばしてみてください。一見の価値ありですよ。

 

▲絶景かな(ちょっと天気が悪かった)


・自由の女神

まあせっかくNY来たんだからここは外せませんよね。ということで自由の女神です!自由の女神はアメリカ独立100周年を記念してフランス人の募金によって贈呈されたアメリカ合衆国自由と民主主義の象徴だそうです。リバティ島という離島にあるので、船でそこまで行くことになります。まあ、見てしまえばただの銅像ですよね(笑)。でもあの有名な像を生で見る機会なんてなかなかないので、スケジュールに余裕がある方は行ってもいいと思います。


 ▲フランスの方を向いてるとか
 

・カウントダウン 

さて、ついに2015年最後の日がやってきました!NYともなるといろんなところで年越しイベントがあるようですね。Part1で書いた通り、タイムズスクエアが最も人気ですが、3時ごろにちらっと近くを歩いてみると、まあ、なんというか、「封鎖」されてましたね。パトカーだらけでもうアメリカ版踊る大捜査線みたいになってました。テロ予告もあって、警備は例年よりさらに強固になっていたようです。しかも警官たちは万一の事態に備えて大きい銃かついで警備しているし…。ということで僕たちはミッドタウンにある「セントラルパーク」に行きました。途中、タイムズスクエアに行く予定だったけど行けなくなったいう外大の友達と合流、彼らはやはり履いてましたよ、オムツ。夜が更けるにつれて静かだった街にも人が集まりだしましたが、セントラルパークは何とも平和でしたね。小さなステージで2015年ヒットチャートのremixをみんなで歌って踊って、そんなこんなであっという間に日付も変わり、花火とともに年越ししました。セントラルパークでよかったことはトイレがたくさんあることですね。あとは0:00ちょうどにスタートするマラソン大会なんてのもありました。

 ▲もうはしゃぎすぎて誰が誰やら
 

以上が今回の旅で体験したことです。旅費は親に無理行って少し援助してもらいましたが、本当にNYはエキサイティングな街で、行ってきたかいがありました。(親に感謝!)やはりアニメや写真でイメージしていた地に実際に行ってみると、言葉では言い表せないような感慨深い気持ちになります。まだまだ僕が行っていない場所や食べてないグルメもあります。アメリカに行く機会があれば、ぜひ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

もう冬休みも終わり、気づけば留学もあと半分を切ってるんですよね。思い返せば去年の夏からアメリカに来ていろんなことがあったり、逆に体験したいこともまだまだあったり複雑な気分です。残り3カ月の間にしっかりアメリカのコミュニーケーションを学び、将来のキャリアに結びつけられるようにしたいですね。まだまだ留学がんばりますので応援よろしくおねがいします!

次回はそろそろいいかげん僕の勉強している大学や授業について書きたいと思います!では。

U.S.A.

U.S.A. Feb. 03. 2016

堤野紘明