GLOBAL REPORT | Global Cast | 関西外大 
Campus Life

先学期の留学生生活

U.S.A.

U.S.A. Sep. 03. 2016

Maria

こんにちは、お久しぶりです。
Mariaです!

前回はアメリカ留学1学期目の様子をお伝えしましたが、今回は2学期目を振り返りみなさんとシェアしたいと思います。
内容は次の3点です:1.学業面について 2.課外活動について 3.プライベートタイムについて

1・学業面について
 留学してから2学期目にあたる先学期は、こちらの生活もだいぶ慣れたせいか、プライベートに時間を多くとれるようになりました。1学期目は、早く新しい生活に慣れなければという焦りと、School of Businessに入るのに必要なGPAを取るのに必死でしたから。アメリカの大学では成績評価にGPAが使われていますが、どのくらいのGPAが必要なのかもわからない状態でしたので、余計プレッシャーを感じていたのかもしれません。
 先学期、6教科(18単位)を履修しました。1学期目に比べ、授業内容のレベルが上がり難しくなった教科もありますが、留学前、既に履修したような英語のライティング授業もあり、復習をしているという感覚でした。学位留学生は、自分の好きな科目だけをとるのではなく、卒業資格を得るために教養科目もとっていく必要があります。その教養科目から先学期は環境科学を選択しました。私にとってこの授号はさほど関心があったわけではないので、正直楽しいと言えるものではありませんでした。それでも単位取得のため、しっかり勉強してテストに臨みました。その他の4教科は専攻のビジネス系だったので、全体的に楽しく学べました。前述したように、授業内容のレベルが上がり、理解をするのに時間を要したり、疑問点がでてきたり...
そんなときはクラスメートや先生に訊きます。先生も授業時間外のオフィスアワーを利用して研究室で質問を受け付けてくださいます。
 この学期もいろいろ苦難もありましたが、全体的に様々なことを学べ、成績もよい結果を出せたので満足しています。

2・課外活動について
 大学の規模が大きいだけあり、様々なクラブが数多く存在しています。大きく分類すると学業に関連したビジネス系、環境系、語学系の他、スポーツ系、ボランティア関するもの、Honor Society系といったものがあります。
 私はマーケティングの知識を少しでもつけたいので、ビジネス系のクラブAlbany Student Television (ATV) に加え、2つの Honor Society に入っています。私が所属する Honor Society は一定のGPAを取っていることが条件の学生団体です。
ひとつは Presidential Honor Society (PHS) ⇒ GPA3.75 以上 、もうひとつが Tau Sigma International Honor Society (Tau Sigma) ⇒ GPA 3.5 以上といった具合です。(先学期のGPAに基づいて複数の団体から Invitation メールが届きました。) PHSでは、活動の一環として、ある一定期間のボランティアをしています。Tau Sigma では、今月初めに、Induction ceremony という団体の一員であることを証明する式があり、表彰台で名前が呼ばれ、賞状とその団体のシンボルがデザインされたピンをいただきました。この団体は主に編入生を代表としたもので、新しく来る編入生をサポートするためのチーム(Transfer Transit Leaders : TTL) があります。そのTTLのメンバーになるには、書類審査→個人面接→グループ面接をクリア
しなければいけません。中間試験の真っ只中ではありましたが、留学中の今しかできないことをやりたいという思いがあったので、この代表選考にもチャレンジしました。ですから、最終合格の知らせを受けたときは、とても嬉しく誇りに思っています。6月から正式にTTlのメンバーとなり、編入生のサポートをはじめ、定期的にニュースレターを配信したり、学生からの質問対応など、編入生たちが快適な学生生活を送れるよう、毎日奮闘しています。他にもガイダンス準備、イベントの企画と実行、週一でのオフィスアワーの設置などたくさんの業務に追われています。
 来学期は学業との両立はもちろんのこと、他にボストン・キャリアフォーラムなど就活に関わる時期に入るので大変忙しくなるとは思いますが、自分で決めたことなので、精一杯がんばります。これらの活動については、次回詳しくお知らせできたらと思います。

3.プライベートタイムについて
 1.の冒頭で述べたように、留学生活にも慣れてきて余暇を楽しむ余裕がでてきました。フリーな時間には友だちと過ごすようにしています。留学した当初から友だちと過ごす時間をたくさんもちたいという思いがありました。寮での食事どきや休日は友人たちと語りあったり、近くの公園へ散歩に行ったりしています。今春、その公園でチューリップ祭りがあり、しばらくの間でしたが、花いっぱいの風景を楽しむことができました。




 先学期、大学の日本クラブ(日本人や、日本に興味をもつ現地の学生が集まっているクラブ)のイベントに参加してきました。Little Tokyo といって、日本食や日本文化を体験できるということで多くの学生が集まりました。そのイベント会場で修二コーナーを見つけた私たちは、今欲しいものを書きだして楽しんでいました。


 春休みにはブルックリンに住む友人の家に数日滞在させてもらい、NYC(主にマンハッタン)を満喫してきました。丁度 St. Patrick 祭と重なっていて、パレードが行われており、たくさんの観光客でにぎわっていました。


下の写真は Flatiron Building といってユニークな三角形の建物です。


今回はここまで。
この投稿が少しでも留学生活について知っていただけたらと思っています。

 

 

 

 

U.S.A.

U.S.A. Sep. 03. 2016

Maria