「英語教員のための夏期リフレッシャーコース」を開講します 8月21日から4日間

関西外国語大学(大阪府枚方市)は夏休み中の8月21日から4日間、「英語教員のための夏期リフレッシャーコース」(後援=大阪府教育委員会、大阪市教育委員会、枚方市教育委員会 協力=大阪府高等学校英語教育研究会)を公開講座として開講します。英語を担当する現職教員、英語教員志望者のほか、英語教育に関心のある市民のみなさんを対象に、受講者の応募を受け付けています。会場は中宮キャンパスのインターナショナル・コミュニケーション・センター(ICC)で、受講料は7,000円。定員は50人(先着順)。募集要項や講義内容・講師の紹介など、詳しくは 「英語教員のための夏期リフレッシャーコース」チラシをご覧ください。

英語教育の改革が進む中で、小学校、中学校、高校、大学、さらには大学院の英語教育に盛り込むべきコンテンツのほか、指導法などについて、本学の教員らが研究成果を紹介します。計10回の講義(各90分)を通して、英語運用能力に磨きをかけ、授業力アップの機会を提供するのが目的です。8月21日に開講式、24日に修了式と情報交換会の開催を予定しています。

受講を希望される方は要項をご覧の上、関西外国語大学教務部 夏期リフレッシャー係宛にメール(refr2017@kansaigaidai.ac.jp)、または郵送(〒573-1001 大阪府枚方市中宮東之町16-1)でお申し込みください。ご不明な点は、メールか電話(072-805-2801=代表)で夏期リフレッシャー係までお問い合わせください。

一覧を見る