悪質な訪問販売に注意

一人暮らしのマンションを狙った悪質な訪問販売での被害が出ています。
玄関は必ず鍵をかけ、来訪者にはチェーン錠をかけたまま対応し、開ける前には身分を証明するものを確実に確認しましょう。不審者?!と思ったら迷わず警察へ電話しましょう。訪問販売については、家主やマンションの管理会社へまず相談してください。

被害例
・水道職員を装い、水質検査または水道管の調査をして浄水器を販売する。
・作業着を着た販売員が、設置義務があると言って火災報知機を販売する。
・換気フィルターや、窓の網戸・サッシを販売する。

対応例
・私では判断できないので、大家さん(管理会社)に連絡してください。
・大家さん(管理会社)に確認するので、郵便受けに連絡先のわかるものを入れておいてください。
※絶対にドアを開けたり、名前や携帯電話番号を教えてはいけません。

一覧を見る