留学生派遣、キャビンアテンダント採用、2・3年次編入学で1位  「大学ランキング2017年版」(朝日新聞出版)

「留学生派遣」「キャビンアテンダント採用」「23年次編入学」で大学ランキング1位――日本の大学762校について、さまざまなデータを評価した「大学ランキング2017年版」(朝日新聞出版)で、本学は3項目4点で1位となった。同ランキングは、就職、教育、社会、研究、財政、入試の6分野67項目について比較している。
 

 留学生の派遣数は1358人で、2位の早稲田大(704人)を大幅に上回った。CA採用数では、15年単年と1115年の累計でそれぞれ43人、232人と、どちらも2位の青山学院大を抑えた。23年次編入学数は(15年度)は446人で前年ランキングの2位からトップに躍り出た。
 

また、外国人教員の総数(15年度、常勤の教授、准教授、講師の合計)は108人で立命館大134人に次ぐ2位(外国人教員比率は404%で宮崎国際大、立命館アジア太平洋大、神田外語大、国際教養大に次ぐ5位)、国際ボランティア参加学生数(1014年度の参加者累計)は117人で名古屋商科大、国士舘大、早稲田大、津田塾大に次いで5位となった。
 

このほか、インターンシップ参加学生(15年度)は578人で14位、教員採用数(15年)のうち、中学校教員が40人で44位に入った。

 

一覧を見る