到着後にすべきこと

保護者への連絡

留学先国に到着したら、まず日本にいる保護者へ無事到着したことを報告して下さい。保護者はみなさんが思っている以上にみなさんのことを心配し、連絡を待ち望んでいます。責任を持って必ず報告してください。

住所・履修報告

K-GENESYSへアクセスし、留学中の住所・履修報告を行なって下さい。

住所・登録科目利用ガイド

緊急連絡先の確認

留学先国の警察・救急車の電話番号や、電話のかけ方(硬貨がなくても、日本にいる家族に電話がかけられるコレクトコールのかけ方)など、緊急事態でも迅速に対応できるように準備して下さい(現地到着直後に行われるオリエンテーションなどで説明がある場合が多い)。

在留届の申請

海外に3カ月以上滞在する場合、住所または居所を管轄する日本大使館または総領事館(在外公館)に「在留届」の提出が義務付けられています。住所が決まり次第、インターネットを使って申請を行って下さい。

予期せぬ災害や事件・事故(テロや戦争を含む)に巻き込まれた場合、日本国大使館や総領事館は、在留届をもとに学生の所在地や緊急連絡先を確認し、適切なサポートを行います。それゆえ、住所や電話番号に変更が生じた場合は、速やかに変更届を提出して下さい(変更届も上記のホームページから提出可)。

日本以外の国籍をもつ学生は、それぞれ留学先国にある出身国大使館・総領事館に在留届を提出して下さい。例えば、アメリカに留学する韓国籍の外大生は、在米韓国大使館のホームページから「在外国民登録申請書(韓国語)」をダウンロードし、写真を貼り付けて大使館に郵送して下さい。また、北朝鮮籍の外大生は、留学先国に北朝鮮大使館がない場合が多いため、各国の日本大使館・総領事館に相談して下さい。