留学中の履修(学士課程プログラム)

履修科目の決定

ますますグローバル化する社会のニーズと学生の夢に対応するため、本学では留学プログラムを通して様々な分野での専門知識を修得するよう奨励しています。ただ海外へ留学したというだけでは自己のマーケタビリティ(市場価値)を高めることはできません。1年間の留学を通してどのような知識やスキルを身に付けるかという点が最も重要となります。

上記を考慮し、留学中は、できるだけ本学のカリキュラムに沿った分野で履修科目を選択して下さい。

科目履修ガイドライン

  • レクチャー/セミナーなど、講義中心の科目であること。原則として実技やラボワークなどが中心となるコース・オンラインのコースの履修は認めません。
  • 学士課程の科目であること(ESLなど、学士課程以外で開講されている科目の履修は、基本的に認めません)。
  • 数値(85点、90点など)またはレター(A、B、C、D)で成績が評価される科目であること。Pass/Failや、Audit(聴講)の科目は、単位認定を行わないので注意すること。

もし何らかの理由で、上記に該当しない科目の履修を希望する場合は、必ず事前に国際交流部の担当者に相談して下さい。

単位の認定

留学中の学生から「この科目は単位認定してもらえますか?」という質問が多くよせられますが、原則として留学中に履修した単位の認定については、帰国後に提出する履修報告書および成績証明書の結果に基づき、教授会等にて決定されることを理解して下さい。留学終了後は、すみやかに帰国し留学中に履修した科目について授業時間数、内容、成績などを報告しなければなりません。この報告に基づき審査を行い、学部生は60単位、短期大学部生は30単位を上限として、卒業単位として認定します。不合格科目は単位認定は行われません。ただし、各留学種類により認定される単位数の上限が異なりますので詳しくは、留学規程を参照して下さい。

留学中に真面目に勉学に取り組み、所定の成績を修めた学生は、「留学した」という理由で卒業が遅れることがないように配慮されています(ただし、教職課程などの資格取得のために、卒業要件より多くの単位を修める必要がある学生、あるいは留学開始時に卒業年次である学生は除く)。したがって、履修科目を決定する際は「単位の認定が行われる」という視点からではなく、本学のカリキュラムに沿った内容で、かつ「自分がどの分野に興味があり、どのような能力を身につけたいか」ということを最重視して選択して下さい。なお、学研都市キャンパスの学生は、出発前のガイダンスにて詳細を説明します。