関西外大ルネサンス 2009

建学の理念と外大ビジョン・6つの柱

関西外国語大学の始まりは、昭和20年秋、つまり敗戦の年の11月、 大阪市東住吉区に呱々の声を上げた「谷本英学院」にさかのぼります。 創立者は、戦後日本の復興と国際社会への復帰を「外国語教育」に託しました。
その思いはやがて、国際人の育成と実学重視を謳う「建学の理念」に結実し、
本学の過去、現在、未来をつなぐ行動原理となっています。そして、21世紀――。
わたしたちは建学の理念に加えて、「外大ビジョン・6つの柱」を策定し、新たな地平をめざします。

建学の理念

・国際社会に貢献する豊かな教養を備えた人材の育成

・公正な世界観に基づき、時代と社会の要請に応えていく実学

外大ビジョン・6つの柱

1. 国際通用力を保証する言語教育の実践拠点

2. 高度な専門職業人育成へのアプローチ

3. 国際人にふさわしい人間力の涵養と全人教育の推進

4. 「キャンパスは"ちきゅう"」〜 学びのフィールドを広げ、深める

5. 地域はパートナー 〜「グローカリズム」の実践

6. 大学力の強化と充実 〜 力強い未来のために

-

関西外大人行動憲章

学の研鑽 わたしたちは、専門の語学、言語はもとより、多様な学問分野において常に研鑽を積み、知識基盤社会の構築、発展に寄与します。
国際人としての自覚 わたしたちは、地球社会の一員であることを常に自覚し、異なる文化の尊重と共存、相互理解を推進します。
国際貢献 わたしたちは、国際社会の平和と安全、繁栄と共生に向け、地球規模の課題克服に取り組みます。
人間力の涵養 わたしたちは、個としての健全なる自我の確立とともに、社会的存在として全人的な資質の向上を図ります。
地域参画 わたしたちは、自らの知識や能力、ならびに大学の教育資源を生かし、拠って立つ地域の文化的、教育的発展に貢献します。

関西外大ルネサンス 2009 整備事業(施設)

期別実施内容
第1期 ・穂谷第2国際交流セミナーハウス 建築
・着工 平成22年9月
・竣工 平成23年8月
(地上5階、RC造 | 5,458.17㎡)
第2期 ・インターナショナル・コミュニケーション・センター(ICC)建築
・着工 平成23年7月
・竣工 平成24年7月
(地上4階地下1階、SRC造 | 9,233.17㎡)
第3期 ・中宮キャンパス新教室棟 7号館 建築
・着工 平成24年7月
・竣工 平成25年8月
(地上4階地下1階、RC造 | 11,026.35㎡)
第4期 ・ICC隣接地駐車場・ブリッジ 建築
・着工 平成24年8月
・竣工 平成24年12月
(S造 | L : 54.4m W : 3.8m 他)
第5期 ・エアライン、ホテル演習室 整備
・着工 平成24年8月
・竣工 平成24年9月
(206.77㎡ 改造)
第6期 ・中宮 図書館学術情報センター3階 改造
・着工 平成25年1月
・竣工 平成25年3月
(638.2㎡ 他)
第7期 ・中宮 西門 拡張・整備
・着工 平成26年2月
・竣工 平成26年3月
(W : 16.60m 他)
第8期 ・中宮 バイク専用駐車場 太陽光発電システム 整備
・着工 平成27年2月
・竣工 平成27年3月
(レネソーラ製 48kW 太陽電池多結晶モジュール | 250W×192枚)

<外大ルネサンス 2009>

ルネサンスは、「再生」、つまり「新たな誕生」を意味するフランス語です。全ヨーロッパに波及したルネサンスは文学、美術に限らず、広く文化の諸領域において清新な機運を引き起こし、「人間中心の近代文化への転換の端緒」(広辞苑)ともなりました。
現代も変化の激しい時代です。これまでの価値観や行動基準が大きく揺らぎ、あらゆる分野で不透明感が増しています。大学の世界も同じです。既成の概念や枠組みにとらわれていては、「確かなあす」は見えてきません。大学全体に改革のメスを入れ、自らの手で、自らの未来を切り拓く事が求められます。
外大ルネサンス———。私たちは、かつての西欧のルネサンスに倣い、清新で闊達な機運に満ちた大学づくりをめざします。