就職に関するQ&A

キャリアセンターにはどんなことが相談できますか?

就職、進学、いずれの相談にも乗っています。学年も問いません。履歴書の書き方や面接の受け方など具体的なものだけでなく、進路そのものについて悩んでいる場合にも活用してください。キャリアカウンセラーとの面談は基本的には予約制ですが枠が空いていれば当日でも面談可能です。

就職に必要な資格はありますか?

応募条件として求人票に記載されているものには、TOEIC、英語検定、自動車運転免許などがあり、TOEICは年に7回、学内で受験できます。このほか、通関士、旅行業務取扱管理者、貿易実務検定、簿記などの資格取得講座を開いています。資格を取るまでの努力は就職試験の際に評価され、就職後も役立ちます。

航空関連の仕事には、どんなものがありますか?

航空会社ではパイロットのほか、総合職、客室乗務員(CA)、グランドスタッフ(GS)などの職種があります。CAは空の安全を確保しながら乗客をもてなす業務を行い、GSは空港で乗客のチェックインから搭乗までの案内役を務めるのが仕事です。ともに高い語学力やコミュニケーション能力が求められます。

留学したら就職は有利になりますか?

留学経験者が増えている現在、単に留学を経験しただけでは有利とはいえません。関西外大では留学しなくても、大学内で語学力を高めるプログラムがあります。本当の意味での「国境を越えたコミュニケーション能力」を身につけてください。その過程での努力や成長を説明できれば、就職試験を有利にすることもできるでしょう。

語学力や大学で学んだことを活かせる仕事はどのようなものがありますか?

航空、旅行、ホテル、貿易など、海外や外国人と接点のある業種のほか、ICT(情報通信技術)、国際流通、メーカーなどさまざまな分野で外国語の力や国際感覚が必要とされています。実際に、多くの卒業生が企業の海外支店や海外営業部で活躍しています。

地方出身者の就職活動はどうすればいいですか?

就職活動を始める前にまずUターン就職するか、近畿圏など他地域で就職するか、を決めることが大切です。Uターン就職の場合は、地方での会社の求人件数が少ないため、地方別の就職情報サイトや大阪にある都道府県事務所などで、できるだけ多くの情報を集めることが重要です。