英語・デジタルコミュニケーション学科 英語・デジタルコミュニケーション学科

SCHOOL OF ENGLISH and DIGITAL COMMUNICATION

英語・デジタル
コミュニケーション学科
2023年4月開設予定。

※仮称・設置構想中
(設置計画は予定であり、内容に変更が生じる可能性があります。)

社会のあらゆるシーンで、グローバル化とデジタル化が加速する今。
高度な英語力に加え、実社会で求められるデジタルスキルを身に付け
言語や文化、価値観の異なる人たちとコミュニケーションをとりながら
多様な社会課題を解決できる人材を育てます。

英語×デジタル。次代を見据えた新学科。(定員200人)

POINT.01

徹底した少人数教育で
英語運用能力を磨く

グローバル社会で求められる、実践的な「英語運用能力」を身に付けるため、少人数の習熟度別クラスできめ細かな英語教育を展開します。英語の4技能(聞く・話す・読む・書く)とともに、「思考力」「表現力」「リサーチ力」を高める科目も用意しています。

徹底した少人数教育で英語運用能力を磨く

POINT.01

英語とデジタルを
駆使した次代の
コミュニケーションを学ぶ

かつては一部の産業界や専門家だけが活用していたデジタル技術も、今やすべてのビジネスに浸透してきました。本学科では、グローバルな視点からデジタルを教養として学び、デジタルアート、プログラミングなどの自己表現にも挑戦し、AI・データサイエンスの基礎までを楽しみながら学びます。

英語とデジタルを駆使した次代のコミュニケーションを学ぶ

POINT.01

幅広い教養を学び、
国際感覚を養う

国際関係論や経営学、マーケティングなど幅広い分野を学修し教養を深めるとともに、英語圏をはじめとする諸外国・諸地域の歴史や文化ついても学ぶことができます。留学により、さらに興味のある専門分野を探究することも可能です。

幅広い教養を学び、国際感覚を養う

身に付く力

  • 高度な英語運用能力と国際的視野
  • 英語とデジタルを活用したコミュニケーション力
  • デジタル社会に対応する力
  • データやデジタル環境を楽しみ使いこなす力
POINT 01

リベラルアーツ留学で
国際的視野を広げる

留学先大学の学士課程で現地学生とともに教養科目を英語で学修するとともに、ICTの基礎科目を履修することも可能です。留学奨学金は、フルスカラシップまたはスカラシップが支給されます(留学参加には選考試験があります)。

POINT 02

メタバースコミュニケーション
ルームOPEN!

最新の仮想空間を利用した学びやアートサイエンス科目で学修するグラフィックデザインや動画コンテンツ作成をサポートする施設の開設を計画中。

メタバースコミュニケーションルームOPEN!

最新情報は随時更新予定です。