pickup

卒業生の歩み

「個性を出してもいい」と知った。そこから大きく成長できた
瀬戸口 さつき
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
Gold Intercultural Learning 勤務

いま、どんなお仕事をされていますか?

教育旅行を専門とするオーストラリアの会社でプログラムマネジャーを務めています。主に日本の中高生向けにパースでの修学旅行や語学研修プログラムを作成、準備し、生徒さんが滞在している間は、アテンドしてお世話をすることもあります。

日本からパースに来た直後の生徒たちは、まるで昔の私のよう。恥ずかしがって英語を話さないし、友達どうしで固まって自分の意見も言えない。でも、パースで私たちが考えたプログラムに参加してタスクをこなすうちに、英語を話せるようになったり、自分の意見を言えるようになったりと、一皮むけて帰って行くのを見るのがうれしいです。

仕事で訪れた観光地

「関西外大に入学した理由」を教えてください。

豊富な留学プログラムに惹かれたのもありますが、それ以上に大きいのは「こんな大人になりたい!」と思った中学時代の恩師が関西外大出身だったから。

 

私が中学に入ったときは、aやtheが動詞だと思っているほどの英語オンチ。苦手意識も強かったのですが、中学2年のときの先生が洋楽や映画で使われている「生きた英語」を学ぶことにフォーカスした授業をしてくれたおかげで、英語に対する見方ががらりと変わったんです。

 

その先生のように英語がおもしろいと思える教え方をする先生になりたい、以前の私のように英語が苦手だと思っている人の意識を変えたい、という思いから、「英語の先生になりたい」という目標が生まれました。

いまのお仕事に携わろうと思ったきっかけを教えてください。

いろんな経験を重ねるうちに、人生の目標は少しずつ変わってきました。大学に入学する前は海外に行った経験もなかったので、「英語を使える仕事=英語教師」という発想でしたが、1年生のときに参加したニュージーランドでの夏期語学研修(5週間)を通して、「海外で働く」という選択肢もあることに気づいたんです。

その後、2年生の時に参加したオーストラリア・メルボルンの日系旅行会社でのインターンシップ(3週間)を通してツアーガイドの仕事に興味を持ちました。もともと誰かの世話をすること、誰かの役に立てることにやりがいを感じるタイプなので、天職にめぐり逢えた気がしたんです。

インターン先での写真

3年生の秋から1年間、オーストラリア・パースで学位留学(現・ダブル・ディグリー留学)をしたときは、休暇中にインターンとしてツアーガイドの仕事を体験しました。実際に日本人観光客を案内する仕事がとても楽しくて、大学卒業後はその会社に就職。経験を積み、任せられるツアーの幅も広がっていくなかで、現在の会社の社長に声をかけられたのは2019年のことです。

どうやら「若いのに、オーストラリアの社会や政治のことなども知っている。海外生活を送っていながら、日本のおもてなしの心を忘れていない」と評価していただけたようです。特別なスキルや芸、経験があるわけではないけれど、とにかく貪欲にいろんなことに挑戦してきた結果として「今」があるのかなと思っています。

旅行会社でのインターンシップ中にツアーを担当したクルーズ船
留学中の友人の誕生日パーティー

いま思う「関西外大の魅力・強み」はなんですか?

学生主体のプロジェクトなど、やりたいと希望すれば挑戦させてもらえる環境が用意されていたことです。そして忙しい中でもサポートしてくださるスタッフの方がいたことです。

 

ひとつ例を挙げるなら、TOEFLの勉強会でしょうか。ひとつ上の先輩が発起人となり、私も立ち上げに携わったプロジェクトなのですが、昼休みに週2回、TOEFLの試験を受ける人に向けて勉強するための場を提供していました。

 

私たち学生スタッフは、リーディングやリスニング、選択問題など、カテゴリーごとに課題を提供し、より効率的で密度の高い勉強ができるようにサポートしていました。だからその勉強会に参加した学生が「留学に必要な点数を超えられました!」と報告してくれたときはうれしかったですし、今でも私の心の支えになっている気がします。

 

私自身、意識の高い人たちと切磋琢磨できる環境に身を置きたかったことも、勉強会に携わった理由のひとつです。その勉強会を開いているときは、先輩たちもダブル・ディグリー留学をめざしている段階でしたし、先輩たちに1年後の自分の姿を重ねたりして、モチベーションを高めていました。

 

当時はまだシャイな自分が抜けておらず、人と話すのが苦手な時期だったので、無理をしているところはありましたが、つながりも視野も広がったという意味では、やってよかったなと思います。

関西外大での4年間を通じて、最も「今の自分に生きている経験」はなんですか?

私にとってターニングポイントといえる出来事が2つあります。

1つ目は、ニュージーランドの語学研修に参加したことです。現地の学校に多かったのは、サウジアラビア、中国、タイ、ベトナムなど、アジアの学生たち。ライティング、リーディングなどの英語力自体は私の方が勝っていたと思いますが、アグレッシブさにおいては敵わなかった。文法も使う単語もおかしい“間違いだらけ”の英語でも気にせず、積極的に発言している彼らの様子を見てカルチャーショックを受けたというか、失敗を怖れなくていいんだと気が楽になったんです。

ホストファミリーとの写真

2つ目は、オーストラリアにダブル・ディグリー留学したときに、現地に20年くらい住んでいる日本人の方から「日本語なまりの英語だとか気にしなくていいよ。気にするのは日本人だけだよ」と言われたこと。そこで開き直ってブレーキを外してからは、英語がメキメキと上達したんです。

高校時代は、英語の発音がよくても悪くても笑われるクラスメイトの姿を目にしていたからでしょう。英語を話して笑われたらどうしよう、などとまわりの反応ばかりに気にしている自分がいました。でも、大人になればなるほど実感するのは、自分が思うほどまわりは自分のことを気にしていないということ。

もともとみんなと一緒であることをあまり好まないタイプなのですが、浮いた存在になって仲間外れにされるのが嫌で、みんなに合わせているようなところはありました。関西外大では、いろんな場面で「個性を出していいんだよ」と背中を押してもらえたような気がします。

ウェスタンオーストラリア大学卒業式
パースのビル群

関連動画

他の卒業生の歩みを読む

短期大学部 英米語学科 2018年卒
東洋紡株式会社 勤務
外国語学部 スペイン語学科 2017年卒
株式会社Plan.Do.See (所属: THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO) 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2012年卒
外務省 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
外国語学部 英米語学科 2013年卒
外資系・オンライン旅行代理店
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
楽天グループ株式会社 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2014年卒
亀田製菓株式会社 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2013年卒
株式会社近鉄エクスプレス 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
京都市立小学校教員
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
外国語学部 スペイン語学科 2018年卒
NTN株式会社 自動車事業本部 宇都宮自動車支社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
小学校教員
外国語学部 英米語学科 2014年卒
日本通運株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
KNOWNIZE株式会社 経営
外国語学部 英米語学科 2019年卒
株式会社GSユアサ 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2016年卒
有限責任あずさ監査法人 勤務
外国語学部 英米語学科 2013年卒
日産自動車株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2010年卒
アフリカ連合開発庁(AUDA-NEPAD)勤務
外国語学部 英米語学科 2013年卒
パナソニック株式会社 勤務
短期大学部 英米語学科 2015年卒
東海旅客鉄道株式会社 勤務
短期大学部 英米語学科 2015年卒
ザ・リッツ・カールトン大阪 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2017年卒
英語教師
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
Gold Intercultural Learning 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
エティハド航空 勤務
外国語学部 英米語学科 2015年卒
在アゼルバイジャン日本国大使館 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
アクセンチュア株式会社 勤務