pickup

卒業生の歩み

平野 駿介
外国語学部 英米語学科 2014年卒
アクセンチュア株式会社 勤務
  • いま、どんなお仕事をされていますか?

    私は、総合コンサルティング・ITサービス会社に勤めております。主な仕事としては、企業の事業成長を実現するための戦略(どうすれば売り上げが上がるか)を考えたり、どのように会社の役割を作り、従業員を配置すべきか、人が育成されるかなどをアドバイスしたり、事業成長に必須となるITシステムの導入を支援したりと、会社が成長するためのアドバイスを行い、実際の仕組みやシステム導入を行う仕事をしています。

  • いまのお仕事に携わろうと思ったきっかけを教えてください。

    在学中は、海外で心理学を勉強したいという一心で学位留学(現・ダブルディグリー留学)制度を利用し、アメリカの大学で心理学の学位を取得しました。私は学生時代から一貫して「人」をテーマに学び、仕事をしたかったので、働く上では「人」を軸に置いて就職活動をしました。特に、企業採用、人材育成、組織の設計などを通じて企業の成長を支援し、さらには社会にインパクトを与えることができる人になりたいという思い、現在のコンサルティングという業界に興味を持ち、今の会社で働くようになりました。もともとは、ダブル・ディグリー留学終了後に、アメリカで人材紹介会社(人に仕事を紹介する仕事)の営業として働いていましたが、コンサルティングに興味を持ち始めたのをきっかけに今の会社に転職しました。現在は、会社からの派遣でニューヨークに滞在しています。

  • 「関西外大に入学した理由」を教えてください。

    海外との接点が多い点が魅力的だったことです。留学生も多く、日本にいながら海外にいるような感覚が持てる、さらには留学制度も国内トップクラスの充実度であることを知り、入学を決めました。お恥ずかしい話ですが、志望当初は模試でも合格判定に達しない程度の学力でしたが、心を鬼にして努力した結果、無事入学ができました。実際に大学に入ってからも、周りの学生や留学生からの刺激を受け、モチベーション高く学び続けることができました。結果論ですが、真にグローバル人材をめざす上ではとても恵まれている環境だと思いました。

  • 関西外大での4年間を通じて、最も「今の自分に生きている経験」はなんですか?

    人より努力する力と、視野を広げ能動的に行動する力がついたことが、今の自分に生きています。入学当初、受験レベルの語学力しかなかったのですが、既に高い英語力を持った人が多かったため、私は強い劣等感を感じていました。しかし、留学に行くには彼らと同等以上の英語力が必要だったので、負けず嫌いの精神から高いモチベーションを持つことができ、圧倒的な努力ができました。結果として、海外の大学の学位も取れるダブル・ディグリー留学に合格できたことは、これまでの努力が報われた瞬間で、非常に嬉しかったです。

    喜びも束の間、留学先のほとんどのクラスは、現地学生の中で留学生は私だけという環境で、なおかつ教授も留学生だからという特別なサポートはなかったので、最初は非常に辛かったことを覚えています。ただ、ここでも負けず嫌いな私は「現地学生よりも高い成績をおさめるぞ!」という強い思いで、モチベーションを高く持って勉強をしました。最終的に現地の学生に授業の内容を説明することや、テスト前にはクラスメイトが私に質問してくる程度の成績を収め、高い成績で卒業することができたことは、努力が再度報われた瞬間として、この上なく嬉しかったです。

    努力する力がついたことに加え、自ら考え積極的に行動していく力も、留学とアメリカでの社会人経験を通じて得ることができました。日本ももちろんそうですが、アメリカでは特に、自分で情報をキャッチして動いていく力が求められると思います。受け身で得られる情報は間違いも多く、なかなか行動に移せないことが多いです。基本的に全て自己責任という思考が強いため、受け身の行動で失敗しても、他の誰かを責められない雰囲気があります。自分で考え、積極的に行動することができるようになったのは、普段の勉強の仕方や留学先大学で生き抜くための努力の仕方、社会人として自己裁量の範囲でいかにして最大の成果を出すか、を常に考え行動していくうちに身についたと思います。

    これらの経験から、関西外大では絶対にあきらめない気持ちと人より努力する精神、努力の仕方を学ぶことができ、今の会社でも十分に活かすことができています。

  • 関西外大の「おすすめ授業」を教えてください。

    留学生と同じクラスを履修できる留学準備教育が非常に有益でした。海外の大学に近いレベルで、留学生と共に英語で授業に参加できるこの授業は、自身の英語力を高め、友達を作り、海外の授業の雰囲気を感じる上で最適でした。

  • いま思う「関西外大の魅力・強み」はなんですか?

    世界中に友達や卒業生のネットワークができることです。アメリカにも関西外大の卒業生や、外国人留学生として関西外大に留学した経験のある人も多くいるため、つながりが増えます。また、真にグローバルの環境に体験できることが魅力的だと思います。「語学を勉強すること」ではなく「語学を使って何かを学ぶ」ことができるのは強みだと思います。さらに、ダブル・ディグリー留学のプログラムで関西外大と海外の大学の学位(卒業資格)を得ることができるのは大きな強みだと思います。

他の卒業生の歩みを読む

国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2013年卒
株式会社近鉄エクスプレス 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
外国語学部 英米語学科 2013年卒
日産自動車株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2013年卒
パナソニック株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
アクセンチュア株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
楽天グループ株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
小学校教員
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
Gold Intercultural Learning 勤務
外国語学部 英米語学科 2010年卒
アフリカ連合開発庁(AUDA-NEPAD)勤務
外国語学部 英米語学科 2015年卒
在アゼルバイジャン日本国大使館 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2016年卒
有限責任あずさ監査法人 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
日本通運株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
KNOWNIZE株式会社 経営
外国語学部 英米語学科 2013年卒
外資系・オンライン旅行代理店
外国語学部 スペイン語学科 2018年卒
NTN株式会社 自動車事業本部 宇都宮自動車支社 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2017年卒
英語教師
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2014年卒
亀田製菓株式会社 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
外国語学部 スペイン語学科 2017年卒
株式会社Plan.Do.See (所属: THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO) 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
エティハド航空 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2012年卒
外務省 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
短期大学部 英米語学科 2018年卒
東洋紡株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2019年卒
株式会社GSユアサ 勤務
短期大学部 英米語学科 2015年卒
東海旅客鉄道株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
京都市立小学校教員
短期大学部 英米語学科 2015年卒
ザ・リッツ・カールトン大阪 勤務