pickup

卒業生の歩み

山田 さやか
外国語学部 英米語学科 2013年卒
パナソニック株式会社 勤務

いま、どんなお仕事をされていますか?

現在パナソニック株式会社で家電事業の海外マーケティング部に所属しています。

主な役割の一つは、ヨーロッパ市場におけるビューティー家電のマーケティング企画です。

仕事内容は多岐にわたるのですが、①先々のトレンドに関するリサーチ(調査) ②商品企画部門と一緒に、お客様のニーズに沿った商品企画検討 ③新商品PRのためのリサーチ方法を現地担当者と検討・立案 ④商品パッケージの企画 などを担当しています。日本と異なり、海外ではまだまだ認知度が低い私たちの会社ですが、日本の技術をお客様にとっての価値に変換し、いかに満足し喜んでいただけるかを常に追求しています。

 

もう一つの役割は、Global e-commerce digital marketing managerというポジションで、海外向けEC(オンライン販売)戦略を立案し、海外販売会社のオンラインマーケティングをサポートしています。

この一年で、コロナ禍により皆さんのライフスタイルは大きく変化したと思いますが、グローバルでも消費者行動は大きく変わり、人々の生活はオフラインからオンラインへと急速に変化しました。それに伴い私たちの会社でも、オンライン販売の強化が急務となっています。その中での私の仕事は、オンライン最前線のアメリカで培ったデジタルマーケティングのノウハウを全世界に広げ、加速させることです(※2018年8月から2020年10月まで米国駐在)。


主な業務内容は、データ分析を販売会社と二人三脚で進め、成功事例をつくっていくことです。わかりやすく言うと、皆さんが普段スマホで色々な広告に触れているかと思いますが、その裏で設定されている色々な仕組みが「データ分析に基づくターゲティング」です。私の仕事は、データ分析の戦略を組み、データに基づき次のマーケティング手法の一手を検討し、売り上げを増やすことです。

いまのお仕事に携わろうと思ったきっかけを教えてください。

私がパナソニックという日本企業に勤めようと思ったきっかけは、大学2年生の時に訪れたベトナムの孤児院でのボランティアがきっかけでした。大学の授業で、途上国と先進国の貧富の差を学び、自分の目で見てみたいと思い、初めて一人で海外に行ったのがベトナムでした。衛生面も良くない場所で1カ月共同生活をし、いかに日本は豊かで恵まれていて便利だったかということを思い知らされたことを今でも覚えています。その時から私は、日本の技術や良い商品で世界の人々の暮らしを豊かにしたいと思っていました。

パナソニックを選んだのは、扱っている事業や国の数が圧倒的に多く、色々な挑戦ができると思ったからです。入社してすぐ配属されたのは、岩手県の国内営業。思い描いていたグローバルへの貢献どころか、国内営業にどっぷりつかり、海外への兆しは全く見えていませんでした。ただ当時は、東日本大震災後のため復興案件が多く、変わり果てた東北地域を担当できたことは今となってはとても貴重な経験でした。海外の夢を諦めきれず、入社4年目に社内公募制度を使い自ら手を挙げ、念願の海外マーケティング部へ異動することができました。

「関西外大に入学した理由」を教えてください。

関西外大を選んだきっかけは2つあります。
1つめは留学プログラムが多いこと。2つめは留学生の受け入れ人数も多いため日本にいながらグローバルキャンパスのような経験ができるからです。

部活動一筋だったので英語が得意なわけでもなく、帰国子女でもなく、不安いっぱいでしたが、私はここに絶対入学してIES(現・Super IES プログラム)クラスに入り、交換留学(現・リベラルアーツ留学)に行くんだと、高校生時代に多様性溢れて希望に満ちた関西外大パンフレットを見ながら親に宣言していたことを今でも覚えています(笑)。​

関西外大での4年間を通じて、最も「今の自分に生きている経験」はなんですか?

多様性を受け入れながらも自分の意見を述べる力はとても今の自分に生きてるなと思います。昨年まで勤務していたアメリカでもそうでしたが、今の仕事でも全世界の現地社員と会話することがほとんどで、日本で当たり前の「阿吽の呼吸」や「空気を読む」ことなど一切通用しません。

 

いろんな方々の意見を受け入れながら、その中でも自分の意見や伝えないといけないことを、たとえ衝突する内容であっても、きちんと伝えることを意識しています。

“Don’t be afraid to have an argument, I want to hear your voice.”
これはオーストラリアでリベラルアーツ留学していた際に先生に言われた言葉ですが、口論を恐れずに自分の意見を言う、そのためにきちんと考える癖をつけることの大切さを、大学時代に学ぶことができました。​

関西外大の「おすすめ授業」を教えてください。

Super IESプログラム。英語で話すだけでなく、考え方や話し方、書き方、全てにおいて鍛えられるからです。正直授業は課題も多く、レベルも高く、かなり大変だったことを鮮明に覚えています。私はバイトをして留学費用を貯めながら片道2時間かけて通学をしていたので、課題が多い日は睡眠3時間という日もありましたが、それでもあの時頑張ったことで、留学にはもちろん、その後の社会人生活にも役立っていることが沢山あります。留学先でだけでなく、まさに将来グローバルで活躍するための基礎を作ってくれたクラスです。​

いま思う「関西外大の魅力・強み」はなんですか?

1. グローバルに挑戦できる機会がたくさん用意されていること(多岐にわたる留学制度、留学生との国際交流プログラム、ボランティアの機会など)
2. 自分で考えて行動に移す学生が多く、周りにいつも刺激をもらっていました。

とはいえ一番大事なことは、こういった多くの「成長するチャンス」を、自ら行動してつかみ取ることです。私は実際にたくさんのチャンスをつかみとって、夢を広げました。今の私がいるのも、関西外大での生活のおかげです。

行動し挑戦し続ける学生の背中を押してくれるのが関西外大です!ぜひ皆さんも関西外大で、夢溢れる大学生活を送ってください。

他の卒業生の歩みを読む

外国語学部 英米語学科 2014年卒
KNOWNIZE株式会社 経営
短期大学部 英米語学科 2015年卒
東海旅客鉄道株式会社 勤務
外国語学部 スペイン語学科 2017年卒
株式会社Plan.Do.See (所属: THE SODOH HIGASHIYAMA KYOTO) 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2016年卒
有限責任あずさ監査法人 勤務
外国語学部 英米語学科 2013年卒
外資系・オンライン旅行代理店
外国語学部 英米語学科 2014年卒
アクセンチュア株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
楽天グループ株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
Gold Intercultural Learning 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
京都市立小学校教員
短期大学部 英米語学科 2015年卒
ザ・リッツ・カールトン大阪 勤務
外国語学部 英米語学科 2014年卒
日本通運株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
エティハド航空 勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2014年卒
亀田製菓株式会社 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2012年卒
外務省 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
英語キャリア学部 英語キャリア学科 2015年卒
外国語学部 英米語学科 2013年卒
日産自動車株式会社 勤務
外国語学部 英米語学科 2019年卒
株式会社GSユアサ 勤務
外国語学部 英米語学科 2013年卒
パナソニック株式会社 勤務
外国語学部 スペイン語学科 2018年卒
NTN株式会社 自動車事業本部 宇都宮自動車支社 勤務
外国語学部 英米語学科 2015年卒
在アゼルバイジャン日本国大使館 勤務
外国語学部 英米語学科 2010年卒
アフリカ連合開発庁(AUDA-NEPAD)勤務
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2017年卒
英語教師
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
国際言語学部 国際言語コミュニケーション学科 2013年卒
株式会社近鉄エクスプレス 勤務
※2014年度より学部改組し、英語国際学部 英語国際学科を開設
短期大学部 英米語学科 2018年卒
東洋紡株式会社 勤務
英語キャリア学部 英語キャリア学科 小学校教員コース 2017年卒
小学校教員