IEP 海外の学生を対象に、日本語勉強会を開催!

 海外協定校の学生を対象に外大生がオンライン上で日本語を教えるイベント「Japanese Tutoring Center(JTC)」が11月20日(金)にLanguage Learning Teamの主催で開催されました。JTCはこれまで、留学生別科のオンライン授業受講者を対象に複数回開催されましたが、今回は初めて、参加対象を協定大学の日本語学習者に広げ、フロリダアトランティック大学やオールドドミニオン大学、マレーシアサインス大学などから13人の学生が参加しました。

 講師は、日本語教員養成課程で実際に日本語教授法を学んでいる外国語学部4年生の6人が担当。日本語TA(ティーチング・アシスタント)となり、日本語の発音や文法の使い方など、マンツーマンでレッスンをおこないました。

 また、イベントには外大生も日本語ボランティアとして参加。参加者が日本語TAとのレッスンを待っている間の時間を利用し、日本語や英語を交えながら、外国人学生との交流を存分に楽しみました。

 参加した外国人学生の日本語レベルはさまざまでしたが、「TAと楽しみながら日本語を練習することができた」「たくさんの外大生と日本語で会話できて嬉しかった」「日本語を話せるとても貴重な機会だった」などと感想を述べていました。

 Language Learning Teamでは12月も引き続き、外大生と留学生が楽しく交流しながら言語を学ぶことができるユニークなイベントを、随時開催していく予定です。

 留学生と交流できる様々なイベントはIntercultural Engagement Program特設サイトで紹介しています。ぜひお気に入り登録してチェックしてみてください。
【Intercultural Engagement Program特設サイト】
https://sites.google.com/view/kguiep/

back to top