KANSAI GAIDAI UNIVERSITY
世界とつながるヒントがここにある、
高校生向けWEBマガジン

IEP|SDGsディスカッションイベント開催

 Project & Outreach Teamでは、3月24日「SDGs(Sustainable Development Goals「持続可能な開発目標」)」をテーマにしたディスカッションイベントを開催し、外大生、留学生の計13人が参加しました。SDGsが2030年までの「国際目標」として掲げられる中、参加者一人ひとりが身近な問題として捉え、話し合いました。

▲イベントでの議題紹介

 冒頭にイベントの趣旨説明があり、続いて理解を深めるためのクイズが行われ、参加者はZoomのチャット機能を利用して回答していました。「人は無意識に1週間何gのプラスチックを摂取しているのか?」という質問では、解説で「約5g(IDカードとほぼ同量)のマイクロプラスチックを知らない間に摂取している」という具体例もあり、参加者は大きな衝撃を受けたようでした。

▲質問の投げかけにチャットで回答

 後半では、以下の5つの単語の頭文字を取った「5R」が紹介され、それを踏まえ「各自が行っているプラスチック削減への取組み」について、グループに分かれ意見交換を行いました。ある参加者が「買い物に行く時は、いつもマイバッグを持参する」と私物を披露すると、国籍問わず他の参加者も同意していました。
【持続可能な社会の確立に欠かせない「5R」】
・「 Reduce (発生抑制)」
・「 Reuse (再使用)」
・「 Recycle (再生利用)」
・「 Refuse (拒否)」
・「 Repair (修理・修繕)」

▲身近な取組み方法の一例

 ディスカッション後、チームリーダーが日常生活でも気軽に出来る取り組みを紹介。「プラスチック包装がされていない商品」を意識することや、お下がりやヴィンテージ品など、好きなものを長く使う事も非常にエコフレンドリーで、日本ではリユースショップも多くあり、留学生が来日した際は是非訪れて欲しいとのコメントもありました。

▲今後のイベント案内

 Project & Outreach Teamでは、次回4月17日(土)に「外大生活を充実させるための10の教え」という学びやキャリアに繋がるイベントを開催予定です。また、外大生と留学生が協働で行う漫才のワークショップも予定しています。是非、積極的に参加し学生生活を充実させてください。

 

 留学生と交流できる様々なイベントはIntercultural Engagement Program特設サイトで紹介しています。ぜひお気に入りに登録してチェックしてみてください。
【Intercultural Engagement Program特設サイト】
https://sites.google.com/view/kguiep/