大学院のビジョン

大学院は2022年4月より教育課程を刷新します。

本学は、1973年4月に大学院外国語学研究科英語学専攻修士課程(博士前期課程)を開設。その後、1976年4月には言語文化専攻修士課程を、そして1979年4月に外国語大学では初めての博士後期課程(英語学専攻と言語文化専攻)を開設しました。

2022年4月より博士前期課程の教育課程を刷新します。英語学専攻では「英語学コース」と「英語教育コース」、言語文化専攻では「イベロアメリカ文化コース」「日本語学・日本語教育コース」「国際共生コミュニケーションコース」の5コースを設けます。

-

関西外国語大学大学院教育課程の教育目標

研究科の目的

外国語学研究科は、建学の理念に則り、公正な世界観にもとづき時代と社会の要請に応える専門の教授研究を通して、現代の国際社会に貢献できる豊かな教養を備えた高度専門職業人を育成することを目的とします。

-

教育目標

本研究科は、外国語学研究科の目的を受けて、言語と文化に関する教育課程における理論と実践の学修を通じて、以下に掲げる専門知識・研究能力、教養、国際性、実践力を身につけた人材を育成することを目標にします。

【博士前期課程】

  • 専門知識と研究能力
    言語と文化の教授研究を通して、専門知識と自立して研究を遂行できる能力を養います。
  • 豊かな教養
    豊かな教養と専門知識をもとに、主体的に問題を発見・探究・解決する能力を養います。
  • 高度な国際性
    高度な言語コミュニケーション能力を基盤として、国際社会で活躍できる能力を養います。
  • 社会の要請に応える実践力
    複雑な現代社会の要請に応えうる、専門知識と豊かな教養に裏打ちされた実践力を養います。

【博士後期課程】

  • 高度な専門知識と研究能力
    言語と文化の教授研究を通して、高度な専門知識と自立して研究を遂行できる能力を養います。
  • 豊かな教養
    豊かな教養と高度な専門知識をもとに、主体的に問題を発見・探究・解決する能力を養います。
  • 高度な国際性
    高度な言語コミュニケーション能力を基盤として、国際社会で活躍できる能力を養います。
  • 社会の要請に応える実践力
    複雑な現代社会の要請に応えうる、高度な専門知識と豊かな教養に裏打ちされた実践力を養います。
-

授与する学位

【博士前期課程】

  • 英語学専攻
    入学定員:15名
    学位:修士(英語学)/修士(英語教育)
  • 言語文化専攻
    入学定員:20名
    学位:修士(言語文化)/修士(日本語学)/修士(国際共生コミュニケーション)

【博士後期課程】

  • 英語学専攻
    入学定員:3名
    学位:博士(英語学)/博士(英語教育)
  • 言語文化専攻
    入学定員:3名
    学位:博士(言語学)/博士(言語文化)/博士(日本語学)/博士(文化人類学)/博士(比較文化学)