英語国際学部のビジョン

英語+中国語×全員語学留学をベースに、国際人育成をめざします。

英語国際学部は、実用的な英語運用能力を基礎とし、「国際的なコミュニケーション力」を育成します。加えて、「異なる文化、歴史を理解する力」や「グローバル・キャリア基礎力」を育成するとともに、海外留学における学修を通じて、グローバル社会を支える国際舞台で活躍できるミドル・マネジメント層につながる国際的な教養を備えた人材の育成を目的とします。

英語国際学部では、急速に進む社会経済のグローバル化に対応できる新たな人材として、実用的な英語+中国語運用能力を核として「幅広い職業人育成」を主眼とした教育を行います。2年次には原則全員を対象とした1学期間の英語留学+1学期間の中国語留学により、早期の留学経験を通して、国際的なコミュニケーション力を育成します(留学先の授業料は本学が負担します)。併せて、多様な文化・価値観に柔軟に対応できる「異文化理解力」、日々刻々と変化する国際情勢や、社会や経済の潮流を理解し、分析できるための「国際理解力」、社会人として求められる汎用的スキル、主体性や積極性、チームワーク力、構想力、課題解決能力などの実践的なコンピテンシーを養う「グローバル・キャリア基礎力」の3つの国際力を修得します。

※留学には、資格審査において所定の基準を満たす必要があります。

-

英語国際学部の特色

学部の特色①

国際社会で通用する「英語+中国語」の育成

1年次より世界共通語である英語(週8回)と中国語(週4回)を集中的に学び、2年次より派遣する留学に備えます。英語授業は全学部・学科の中でもっとも多く、「読む・書く・聞く・話す」の4技能の修得にとどまらず、論理的思考力を発揮して英語における情報の受信・発信を的確に行える能力、二者間・多数者間において互いの立場や意見を尊重しながら合意を形成してゆける能力、さらにはグローバル・ビジネスに関する見識を踏まえながら業務を遂行できる英語力の育成を図ります。

学部の特色②

1学期間の英語留学+1学期間の中国語留学

2年次に1学期間の英語留学+1学期間の中国語留学に派遣します。原則全員が対象の英語留学では、英語集中講座(Intensive English Program)に在籍し、週20~25時間の集中講座で英語運用能力を徹底的に磨きます。中国語留学においては、多くの大学が午前中に授業が行われるため、午後からは、書道や水彩画などの「伝統芸術」に触れたりするなど、中国の文化・風土・習慣に触れることも可能となっています。
留学先大学はこちら

学部の特色③

3つの国際力(異文化理解力、国際理解力、グローバル・キャリア基礎力)の養成

英語力+中国語力の修得に加え、3つの国際力(異文化理解力、国際理解力、グローバル・キャリア基礎力)を養成し、グローバル社会を支え国際舞台で活躍できるミドル・マネジメント層につながる国際的な教養も修得します。

●異文化理解力
自国の文化に関する知識、日本人としてのアイデンティティを基盤としながら、多様な文化・価値観に柔軟に対応できる力を育成します。

●国際理解力
日々刻々と変化する国際情勢や、社会や経済の潮流を理解し、分析できる力を養い、広く世界の動向を読み解くことのできる力を養成します。

●グローバル・キャリア基礎力
社会人として求められる汎用的スキル、主体性や積極性、チームワーク力、構想力、課題解決能力などの実践的なコンピテンシー、さらには留学体験を通して培われるチャレンジ精神、困難を乗り越えていく力などを養います。

学部の特色④

産学連携授業によるグローバル人材基盤の確立

1年次より「フレッシュマン・セミナー」「フレッシュマン・プロジェクト」を開講し、大学における主体的な学びへの導入を図るとともに、情報検索の手法、グループワークの在り方、課題解決力などアカデミックスキルの養成に加え、社会的・職業的自立をめざしたキャリア・デザインの基礎を修得します。 3年次には産学連携によるPBL(Project-Based Learning)手法を用いた「プロジェクト・セミナー」を開講し、連携先企業、行政団体等が現実に抱える課題に対して、学生たちが自らその問題点や原因を分析し課題解決策の構想と提案を行い、就業力の育成と社会で即戦力となり得るスキルを養成します。