入試Q&A

公募制推薦入試における試験日自由選択とはどういうものですか?

公募制推薦入試のみ試験日自由選択としています。これは11月18日と19日の2日間、またはいずれか1日、志望する学部・学科を自由に選んで出願、受験する方式です。大学の5学科および短期大学部の1学科をいろいろな組み合わせで受験することができます。(ただし、大学と短期大学部の同日併願受験はできません。)また、2日間同じ学科に出願し、連続受験することも可能です。

公募制推薦入試で1日に複数学科の出願は可能ですか?

大学(英語キャリア学部、外国語学部、英語国際学部)への出願に限り、2学科まで同日併願が可能です。1回の試験で2学科の合否判定を行います(ただし、大学と短期大学部の同日併願受験はできません)。検定料も2学科で45,000円となります。

地方入試を行っていますか?

東京、金沢、名古屋、広島、福岡の5都市において、11月18日と19日の公募制推薦入試、および2月8日と9日の一般入試(前期日程<A方式>)で実施します。2月2日実施の一般入試(前期日程<S方式>)、2月7日実施の短期大学部の一般入試(前期日程<A方式>)、一般入試(後期日程)、特別入試、3年次編入学は地方入試を行っていません。

公募制推薦入試1日目と2日目の難易度は?

2日間の入試問題は異なります。同じ学科を2日間連続受験した場合、合否判定はその学科の合格予定数を各日の受験者数で比例配分します。合格最低点は若干差がでますが、競争倍率は同じですから難易度も同じです。なお、調査書等の点数化は行っておりません。

公募制推薦入試で合格し、1次・2次手続きを完了した後、入学を辞退しても授業料その他納付金を返還してもらえますか?

指定校・特技入試以外は、すべての入試で授業料その他納付金を返還します。入学手続完了者が入学を辞退する場合は、2018年3月31日(土)までに所定の手続きをすれば、本学の規程により、入学金を除く授業料その他納付金を返還します。

合否結果はどのように行われますか?

合否結果は、合格者のみ合格通知書および入学手続書類を速達にて送付します。不合格者には郵送による通知は行いません。なお、インターネットに接続されたパソコン・スマートフォン・タブレット等により合否結果を確認することができます。

一般入試[前期日程<S方式>]で同日の学科併願や一般入試[前期日程<A方式>]との併願は可能ですか。

一般入試[前期日程<S 方式>]は、同日の全学科併願が可能です。検定料は、1学科は30,000円となり、2学科以上の併願の場合は、15,000円ずつの追加となります。よって最大4学科併願の検定料は、75,000円となります。また、一般入試[前期日程<A方式>]とも併願は可能です。

一般入試[前期日程<S方式>]で合格した場合、一般入試[前期日程<A方式>]は受験しなければならないのですか。

一般入試[前期日程<S方式>]で合格した学部・学科は、一般入試[前期日程<A方式>]での合否判定は除外されます。合格した学部・学科の検定料返還制度があります。

一般入試[前期日程<S方式>]は、英語の資格・検定試験(英検、TOEFL iBT® Test、TOEIC® Listening and Reading Testなど)の資格を持っていないと受験できませんか。

英語の資格・検定試験(英検、TOEFL iBT® Test、TOEIC® Listening and Reading Testなど)の資格がなくても受験できます。英語資格があれば、本試験の得点に加点する制度があります。本学でも一部の英語資格受験がありますので、活用ください。

一般入試[前期日程<S方式>]と[前期日程<A方式>]の違いは何ですか?

<S方式>は英語の基本的な読解力に加えて、留学で要求されるロジカルな思考力やクリティカルな判断力をこれまで以上に評価します。<A方式>は英語の基本的な読解力およびリスニング力などを評価します。

一般入試[前期日程<S方式>](2/2)で合格すれば、[前期日程<A方式>](2/8・2/9)の検定料は返還されますか?

<A方式>の入学試験において、<S方式>の入学試験で合格した同一の学部・学科は合否判定対象外となり、入学検定料は返還します。また、<S方式>と<A方式>の入学試験間に限って、入学手続納付金(入学金)の振替制度があります。

一般入試[後期日程]で、2つの学科の受験はできないのですか?

一般入試[後期日程]は、1学科の受験しかできません。ただし、センター試験利用入試は本学での個別試験がありませんので、一般入試[後期日程]の1学科とセンター試験利用入試[後期日程]の複数学科を志望することができます。

関西外大短期大学部から関西外国語大学への3年次編入学は毎年何人ぐらいの人が合格していますか?

本学3年次編入学試験の募集人員は2学部3学科あわせて425人で、毎年多くの人が編入しています。9月推薦選考・11月推薦選考・11月一般選考・2月一般選考の年4回の受験チャンスがあり、9月・11月推薦選考は本学短期大学部生のみを対象としています。2017年度は本学短期大学部から346人(第2志望合格者を除く)が合格しました。

身体に障がいがある場合(視力、聴力、肢体不自由等)どうすればよいですか?

障がいの程度により受験方法が異なります。希望等がある場合は、あらかじめ各入試の1カ月前までに入試広報企画部へ問い合わせてください。ただし、受験会場は大阪(本学中宮キャンパス)のみとなります。

特技入試(S・A・B・C方式)の違いについて教えてください。

S・A・B方式については対象とするクラブ (部)が限定されていますが、C 方式は限定されていません。また、S・A・B 方式については入学後、対象クラブ(部)での活動が義務付けられます。さらに選考方法についても違いがあり、S・A 方式の出願許可者は面接、B・C 方式の出願許可者は筆記試験(小論文)、面接が課されます

特技入試(C方式)のユニークな技能・優れて特長的な活動とはどのようなものですか?

ユニークな技能・優れて特長的な活動とは、草笛日本一や縄跳び日本一などが一例となり、いずれも公的な証明書が必要となります。各自で判断できない場合は、事前に入試広報企画部まで問い合わせてください。

吹奏楽部に所属していますが、特技入試(C方式)でも出願できますか?

特技入試(S・A・B方式)に該当する活動内容は、特技入試(C方式)では出願できません。

特別入試で課される小論文はどのようなテーマが出題されますか?

過去の傾向から言えば、一般的なテーマが中心です。ただし、特技入試(B・C方式)で課される小論文のテーマは、時事問題を中心に出題されますので、日頃から新聞やニュース等で時事問題に関心を持ち、幅広い情報、知識をつけておくことが大切です。

2カ年留学チャレンジおよび 一般入試[前期日程<S方式>]の出願資格であるTOEFLやTOEICはどんな試験ですか?

TOEFLは英語を母語としない学生が英語圏の大学において授業についていけるだけの英語力があるかを判断する試験です。 TOEICは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する試験です。本学でも受験できますのでチャレンジしてください。

帰国生徒入試の出願資格を具体的に確認したいのですが・・・。

各国によって、教育制度が異なりますので、8月中旬までに入試広報企画部まで問い合わせてください。個別にお答えします。

2カ年留学チャレンジ、特技入試(B・C方式)・社会人・帰国生徒入試の過去問題はどうしたら手に入りますか?

ホームページより請求してください。希望される入試の過去問題をお送りします。2018年度入試より帰国生徒入試は、日本語作文(400字)から小論文(800字)に変更となっています。

特別入試において、英語以外の言語で受験できる制度はありますか?

社会人(A方式)・帰国生徒入試において、外国語学部スペイン語学科を受験する場合に限り、英語に代えてスペイン語で受験することができます。