GLOBAL REPORT | Global Cast | 関西外大 
Campus Life

アメリカでの生活

U.S.A.

U.S.A. Oct. 15. 2015

Maria

こんにちは、英米語学科3回生のMariaです。今回2度目の投稿をすることになりました。

前回は自分が留学にかける思いをお伝えしましたが、今回は留学生活に焦点を当てて書きたいと思います。

日本を出国し、アメリカに来て1カ月が経過しました。徐々ではありますが、だいぶアメリカの生活にも慣れてきた頃です。私は今、大学からバスで20分ほどの場所にある寮に住んでいます。私が入っている寮の建物はれんが造りで、素敵な感じで見栄えがします。ルームメイトはブラジル出身で、とても優しくて気を遣ってくれる人です。寮に入る前は、ルームメイトとうまくやっていけるかすごく不安でしたが、その不安は実際彼女に会うとすぐに消えてしまいました。部屋のタイプは寮によって違いはありますが、ベッドや勉強机、タンスなどの基本的な家具はそろっています。食事の面では、日本でとっていたものとは全く違うので、最初は慣れませんでした。しかし今ではお気に入りの料理を見つけています。

 

アメリカに到着した次の日、生活必需品をそろえるための買い物に出かけました。以前から知っていたので驚くことはありませんでしたが、アメリカで売られている商品は日本のものと比べるとかなり大きいのです。そのため、買った商品をバスに乗って持ち帰るのは大変でした。

寮に入居するとすぐにオリエンテーションが数日間続き、大学に通うことに。このオリエンテーションが終わると授業が始まり、ようやく「自分が留学している」という実感がわいてきました。最初のうちは戸惑うこともありましたが、今では授業スタイルにも慣れ、楽しんでいます。外大と違う点は、課題の提出はオンラインで行うのが多いことです。また先生の中には話すスピードが速い方もいて、留学前からリスニング力をしっかりつけておくことが大切だなと実感しました。まだ1ヶ月しかたっておらず始まったばかりにもかかわらず、授業によっては中間テストも始まっており、その準備をしている最中でもあります。

課外活動の面では、数多くのクラブ・サークルがあり、スポーツ系から、ダンス、音楽、女性の社会進出を目的にしたもの、そして、アカデミックに関する文化系のものがあります。いろんなクラブ・サークルがある中、私は、パブリッキングスピーキング力を上げることを目的としたクラブに入り、スピーチの特訓に励んでいます。

こんな感じで授業だけではなく、クラブ活動にも参加することになったのですが、最初の投稿でお伝えしたように、多くの人と関わり、幅広く様々な経験を積んでいきたいです。

 

以上がアメリカに来て1カ月間で感じたことと留学生活の報告です。

U.S.A.

U.S.A. Oct. 15. 2015

Maria

RECOMMEND