About Me

はじめまして

U.S.A.

U.S.A. Sep. 02. 2015

堤野紘明

はじめまして、英語キャリア学部3回生、堤野紘明と申します。英語研究会E.S.S.所属、趣味はギターとカラオケ、コーヒーが大好きな大阪男児です。

 

僕は8月9日からアメリカはカンザス州、ウィチタ州立大学へ専門留学に来ています。今回は出発前の様子や意気込みを、自己紹介を兼ねて書いてみました。(現地の様子とか期待していたみなさん、ゴメンナサイ。)

 

留学にあたり、カンザス州について予習をしました。カンザス州はアメリカのド真ん中、まさに right smack in the middle of Americaです。有名なのは、『オズの魔法使い』(初版は1900)で、主人公のドロシーちゃんが竜巻に襲われ、家ごと(!?)魔法の国に飛ばされた、というエピソードがあり、その舞台がここカンザス州だそうです。ちなみにその家には非難用の「竜巻地下室」なるものがあった!

つまり、竜巻は昔から有名だったんですねGoogle画像検索でカンザスと調べれば、果てしない小麦畑の写真が見られるはずです。(実際ウィチタ州立大学の校章も小麦を象っています。都会からかけ離れてるってことアピール!?)

ですが同じカンザス州でも、僕が行く都市ウィチタでは竜巻被害の報告は今まで無く、なんとか無事に勉強を続けられそうですね。

 

持ち物の準備も着々と進めています。現地の気温は夏30℃くらい、冬は10℃以下なんだとか。なので服は夏用にTシャツ数枚、ズボン数着、セーター2枚(お気に入り)、あとスウェット類を持っていき、冬物のコートは現地で調達するつもりです。

 

これら衣類はすべて肩掛けボストンバッグに詰め込み、スーツケースはスーツや靴等のみにして余裕を持たせました。この2つの荷物は機内預かり荷物にする予定です。

 

あとは30L入るバックパックにパソコンなどの貴重品を入れて持っていきます。パスポートや財布は盗られないようにボディバッグを前掛けで持ち歩きます。ちなみにお金は財布に150ドルくらい(2万円分)、あとはクレジットカードを使用します。多すぎる現金所持は強盗などに遭うこともあるそうです。

 

留学の準備はこのくらいでしょうか、あとは日本でお世話になった友人や家族に挨拶を忘れてはいけませんね。

 

留学に対する不安は決して小さくありませんが、この経験が僕にとっていいものに、そしてこのブログが皆さんにとっていろんな意味で面白いものになるよう頑張りたいと思います。

 

次回は現地での様子をお伝えしたいと思います。もし更新されていなかったら、僕の身に何かあったか、もう面倒くさくなってやめたかのどっちかです。もし今回のブログで興味を持っていただいて、次回ものぞいていただけたら幸いです。

 

それではまた来月。

U.S.A.

U.S.A. Sep. 02. 2015

堤野紘明