英語キャリア学部

PLAY NEW MOVIE

  • ACADEMICS
  • STUDY ABROAD
  • CAREER DEVELOPMENT

映像で見る英語キャリア学部

  • 英語キャリア学部紹介英語キャリア学部紹介
  • THE PATHTHE PATH
  • InsatiableInsatiable

2011年に誕生した英語キャリア学部英語キャリア学科。
「英語学」と「社会科学」を融合させるという前例のない先進的なカリキュラムと、
海外の大学で、現地の学生とともに専門分野を学ぶ留学を軸に、グローバル社会で活躍する人材を育成しています。
この学部で、どんな学びを体験し、どんな夢を追いかけてきたのか。
先輩たちのメッセージから読み取ってみてください。

ACADEMICS

世界で通用する英語力と専門性、2つの武器を手に入れる。

英語キャリア学部 英語キャリア学科の教育課程には、3年次に1年間の専門留学が設定されています※。
そのため、留学までに世界で通用する英語力と専門性を身に付けておく必要があります。
今はまだ英語が完璧に操れなくても大丈夫。
その代わり、最初の2年間で英語も専門知識も徹底的に鍛え上げます。
想像してみてください。数年後に海外の大学で、海外の学生たちと肩を並べて学ぶ自分の姿を。
ここは、その想像を現実にできる場所です。※ 留学には審査があり、審査結果によっては留学が許可されない場合があります。

英語学 × 社会科学

Pick Up

Super IES プログラム

2017年4月、英語教育プログラムが刷新されました。3年次に全員が対象となっている「専門留学」や、「学位留学」「2カ国留学」などの専門分野を学ぶ留学に対して、より効果的に準備をするためです。英語教育で定評のあるアメリカ、ノーステキサス大学と協働で開発したプログラムでは、授業は全てノース

表

テキサス大学の教員が担当します。Content-based Approachという教授法を用いることで、英語の4技能やアカデミックスキルなどの修得に加え、留学中に学修する分野の知識も身に付けることができます。

Linda Heidler 先生

専門研究科目

英語キャリア学部では、3つの専門分野を学びます。
「英語プロフェッショナル」では英語という「ことば」を自在に使いこなせるようになるための基礎力と応用力を養います。
さらに、英語教育の現場において必要となる高度な英語教育の理論と実践も学びます。
「グローバル・ビジネス」では、多文化共生社会において働くために必要な、ビジネスや経済に関する基礎知識と理論を学びます。
ヒト、モノ、カネの動きを理解し、ビジネスの仕組みや人間関係をマネジメントする能力を身に付けます。
「国際教養」では、多文化、多言語が共存する社会におけるさまざまな価値観を学び、国際感覚を養います。

3つの専門分野の基礎科目は、短期間での知識定着を図るため、あえて日本語で開講している科目があります。英語による授業と併せて、それぞれの分野での日本語と英語、両言語による基礎知識を修得します。

担当教員からのメッセージ

本学部の授業は、それぞれの専門分野での教育をけん引し、多方面で活躍している教員が担当しています。
学術分野での専門を研究する教員に加え、実社会で実績を積んできた教員など、理論と実践的な学修が可能となるよう工夫されています。小規模な学部である特性を生かし、それぞれの学修到達度にあわせたきめ細かい指導を実現しています。

担当教員からのメッセージをお届けします。

  • 岡田 伸夫 教授岡田 伸夫 教授
  • 滝川 好夫 教授滝川 好夫 教授
  • 髙木 綾 助授髙木 綾 助授

本学部での4年間

4年間の流れ

STUDY ABROAD

語学を学ばない留学。

海外の大学で、現地の学生と同じ授業をとる専門留学※。
“英語を”学ぶ他の語学留学と一線を画すこの留学では、“英語で”専門分野を学び、
あなたのキャリアにつながる有効なツールを手に入れます。
専門留学は、3年次の1年間、原則全員が対象の留学です。
海外で学ぶ、国際経営学、流通システム論、比較社会学、国際機構などの専門分野。
帰国後のあなたは、グローバルな視点を身に付けています。※ 留学には審査があり、審査結果によっては留学が許可されない場合があります。

留学体験記

  • 光永 奈央

  • 長坂 春菜

CAREER DEVELOPMENT

英語以外の武器で、世界に挑め。

グローバル社会では、英語は話せて当たり前。
そのうえで何ができるのかが問われます。
英語キャリア学部の卒業生は、高い英語力を持ちながらも、
それだけを武器にするのではなく、
英語 +αの力で自らのキャリアを切り開いています。

本学部の就職実績

本学部の就職実績

Career

世界有数のベアリングメーカーNTN(株)

私の勤めるNTNは、世界4位のシェアを持つベアリングメーカー。ベアリングとは、機械同士の摩擦を減らして、回転を滑らかにする精密機器で、時計やパソコン、自動車、飛行機など、あらゆる機械に使われています。マーケットは世界中に広がっていて、現在私は、アメリカとヨーロッパにある販売会社と日本の工場の間に入り、両者をつなぐ仕事をしています。時差があるため、海外とのやりとりはメールが基本。言語の苦労はまったくありませんが、価値観や文化の違う相手に、こちらの考えを受け入れてもらう必要があります。
そんなときに思い出すのは、専門留学の経験。当時の私は国際関係に関心を持っていて、「同じ地球に生きる人間が、どうして人種差別や紛争を起こすのか」ずっと疑問を抱いていました。でも、留学してわかったんです。日本と違い、世界ではひとつの国にいろんな人種、宗教、文化、民族の人たちが入り混じって生活している。それぞれの立場で、譲れる考え方と譲れない考え方があり、それらが衝突すると、ときに戦争へと発展してしまうんだと。

崎山 瞳

印象的だったのが、授業でおこなった戦争についての討論。驚いたことに、大量破壊兵器による戦争を肯定する人がいたんです。私は反対する立場として、自分の考えを論理立てて説明しました。そして、何度も意見をぶつけるうちに、お互いに納得し合える答えを導き出せました。黒か白かではなく、お互いの意見を出し合うことで第三の答えを導き出すことが、グローバル社会において大切なことだと学びました。
あの経験があるからこそ、海外の販売会社との交渉が思うようにいかないときでも、こちらの意見を一方的に押し付けるのではなく、相手の国を理解しながら、お互いに納得のいく答えを探しています。

卒業生紹介

  • 本学部の就職実績1
  • 本学部の就職実績2
  • 本学部の就職実績3
  • 本学部の就職実績4
  • 本学部の就職実績5
  • 本学部の就職実績6

サポート体制

英語キャリア学部では、学生ひとりひとりに3アドバイザーを配置。4年間の学びと大学生活をしっかりサポートします。

“アカデミック・アドバイザー”は、本学と留学先大学における4年間の学修について、きめ細かくアドバイスを行います。
“スタディアブロード・アドバイザー”は、留学前、留学中、留学後までを、継続してサポート。留学に係る手続きや、留学中の生活に係る注意事項など、幅広いアドバイスを受けることができます。
“キャリア・アドバイザー”は、専門の資格を有するCDA(Career Development Advisor)を含むキャリアセンターのスタッフが、入学直後から卒業後の進路決定までを、トータルでサポートします。

3アドバイザーによるサポート