ホスピタリティ関連企業や
国際的な企業への高い就職実績

卒業後のキャリアを見据えたさまざまな取り組みを実施しています。短大が目指すのは、実用的な英語力と社会人としての基礎力を身につけた人材の育成。この目標を目指して、長年をかけて培われたカリキュラムや細やかな支援などで、それぞれが目指すキャリアを実現します。

就職率98%の実績
ファーストステージで培った実用的語学力と社会人基礎力、教養、国際感覚を武器に、ホスピタリティ関連企業(航空・旅行・ホテルなど)や、国際的な企業(商社・メーカー・金融など)への就職を実現しています。
就職率が高い理由
きめ細かな進路支援

「将来英語を生かした職」や「サービス・ホスピタリティ関連の職」につきたいという多くの学生のニーズに応えるために積極的に支援しています。

K.G.C.ベーシックス

卒業後のキャリア形成に必要な知識や人間力の養成を目的とした、短期大学部独自の授業。クラス担任のきめ細かい指導のもと、学生生活を有意義に過ごす方法や、自己分析、自分の将来について考えるライフプランニング、コミュニケーション力等を養います。

キャリアプランニング

短大卒業後に就職を希望する学生を対象に、学ぶこと、働くことの意義を考える授業です。就職活動には必須の自己分析や企業研究の方法、エントリーシートや履歴書の書き方、さらには面接への対応まで実践的なスキルを磨きます。

就職内定者ガイダンス

就職内定者を対象に、社会人としての職業意識を向上して、早期離職を予防するために実施しています。

卒業生からのメッセージ
沖 香菜子 様
  • 関西外大外国語学部英米語学科2019年3月卒
    短期大学部英米語学科2017年3月卒
    私立慶進高等学校(山口県)出身
    編入後に小学校二種免許取得、中高英語科一種免許取得
    現職:山口県岩国市立美和西小学校教諭
関西外大に在学していた頃からの「小学校教員になるという夢」を実現。現在は、故郷の山口県にある岩国市立小学校で専任教員をしています。3年生の担任として、書写を除いた全教科の授業を行うとともに、児童の健康状態の把握や学校での様子をよく観察することで、児童の変化にいち早く気づくことができるよう努めています。児童が苦手な計算の練習を積み重ねることでできるようになった姿や、目標を達成できた時に喜ぶ姿など、1年間を通して児童の成長を身近で感じることができる時にやり甲斐を感じます。

短期大学部(以下、短大)で取得した中学英語科ニ種の教員免許が教職履修への自信につながりました。そして、教員を目指すきっかけとなったのが、恩師に勧めていただいたPBL(Project-Based Learning=課題解決型学修)授業でした。関西外大と大阪の元女子高である東大谷高校とのコラボレーションで、「男子学生を増やすための戦略」をテーマに、学校見学やグループディスカッションを重ね、真っ白な状態からプランを練り上げ、最終的には東大谷高校の校長先生や短大の学長の前でプレゼンテーションをしました。

また、関西外大のオープンキャンパスに参加した高校生や保護者の方に、短大の魅力を伝えるために企画したイベント「短大生と話そう」ではリーダーを務めました。大学受験に関することや短大での学びについてなど、イベント参加者にわかりやすく伝えようとした経験は、教員の仕事につながっていると思います。また、リーダーとして、周りの様子や状況を的確に判断し指示を出すことや、企画運営に携われたことは今の仕事に大いに役立っています。教員を目指す方は、ぜひボランティア活動にも参加してください。

関西外大は自分の可能性を広げてくれる場所です。夢や目標達成のためのサポートも充実しています。先生方は、常に私たちの進路について真剣に考えてくださり、いつでも相談に乗ってもらえます。同じ夢・目標を持った仲間と切磋琢磨できる環境があります。みなさんの夢が叶いますよう、応援しています!

橋本 恵太 様
  • 外国語学部英米語学科 2018年3月卒
    短期大学部英米語学科 2016年3月卒
    私立報徳学園高等学校(兵庫県)
    現職:株式会社ドウシシャ(総合商社)
短期大学部での学びは、語学力の向上だけでなく、外国人教員によるオールイングリッシュでのさまざまな専門分野の学びや、編入学や就職に向けての知識の修得ができる充実した2年間でした。さらに、関西外大で学ぶ外国人留学生との異文化交流の機会や異文化理解力を深めることができる素晴らしい環境もあります。

留学プログラムもたくさんの種類があり、自分に適した留学に挑戦することができます。私は、外国語学部英米語学科へ3年次編入後にカナダへの留学に参加しました。留学先大学でさまざまな国からの留学生と同じ授業を受けることで、彼らの学ぶ姿勢や意欲、積極性に感化されました。また彼らと交流することで、異なる考え方や価値観があることを知ると同時に、「世界ではまだ日本の文化が知られていない」ことに気づき、「日本文化を発信したい」と思うきっかけとなりました。

これらの経験を通して身に付けた異文化理解力・適応力は、仕事に活かされています。私は現在、株式会社ドウシシャに勤務しています。本社は、生活に関わるモノやサービスを自ら企画開発し販売しているメーカーであり、生活家電やブランド商品の卸売りする総合商社でもあります。私は食品部門に在籍し、現在は主に日本産の食品をアジア(中国・台湾・香港など)中心に輸出する業務に携わっています。海外での展示会出展業務をはじめとした出張などもあります。私が輸出に携わった商品が、海外で販売されているのを目の当たりにした時に、現地の消費者とのつながりや、日本文化を発信することに貢献していることを実感し、やりがいを感じています。

関西外大には、将来の夢や目標を実現することができるチャンスがたくさんあります。ぜひ、皆さんも関西外大での学びを通して、自分の夢を実現してください。

サプコタ ラクシミ 様
  • 短期大学部英米語学科 2017年3月卒
    大阪府立箕面東高校出身
  • 現職:大阪国際空港 Lounge Osaka
関西外大の短期大学部を選んだのは、卒業後は外国語を生かした仕事がしたいと思ったからです。 私は15歳の時に、日本語を全く知らない状態でネパールから日本にやってきて、大阪の地元の高校を卒業しました。言葉の壁を乗り越えるのは大変でしたが、こうした生活のなかで、英語も使えるようになりたい、日本語も含めて外国語を生かせる仕事がしたいと思うようになりました。

関西外大に興味をもったのは、海外に興味をもつ学生が多く、海外からも留学生をたくさん受け入れているからです。目指すことが実現できるかどうかを最優先に、選びたいと考えていました。オープンキャンパスに参加し、英語の体験授業も受講して、この大学に決めました。

短期大学部入学後は英語のネイティブの先生によるIESを受講。特に勉強になったのが、エッセイの書き方です。ロジックの組み立て方や、より効果的な表現方法などを学びました。人前で話すことはあまり苦手意識がなかった私でしたが、プレゼンテーションの授業では、話の展開の仕方、強弱のつけ方など、内容を伝えやすくするためのスキルも学びました。

一番印象に残っているのは、「留学生別科共同開講科目(現関西外大流グローバル人材育成プログラム)」です。この授業では、外国人留学生とともに英語で経済学を学びました。他の外国人大学生と初めて学んで、彼らの授業に対する積極性などから大いに刺激を受けました。私は日本での生活を通して日本の文化や習慣をより深く理解していたので、それぞれの立場にたって相手の理解を促す役割も担いました。

短大卒業後の就職先は外資系ホテルを選びました。ホテルで接客の最前線にいるスタッフは、言葉使いや接客の姿勢など常にスキルアップが求められます。このような環境で働くことが、他の企業への転職のステップとなることも多々あるそうです。私自身、外資系ホテルでの経験を経て、現在は大阪国際空港に勤務しています。

将来は起業したいと考えています。母国であるネパール独特の何かを日本で展開する。その反対もありです。何か他にはない価値を生み出し、自分が頑張って取り組んでいることで、家族や周りの人たちが幸せになってくれればと思います。

西村 良秀 様
  • 外国語学部スペイン語学科 2017年3月卒
    短期大学部英米語学科 2015年3月卒
    私立 精華高等学校(大阪府)出身
  • 現職:中辻産業株式会社
大好きなレ・ミゼラブルの映画。年間150冊以上の読書。外国語への興味が高まったのは、私の映画好き、読書好きがきっかけでした。関西外大の短期大学部を選んだのは、確かな語学力と幅広い知識を身に付け、グローバルに活躍できるビジネスマンになりたいと思ったからです。

英語の授業では、日本人の先生からリーディングとリスニングを、ネイティブの先生からライティングとスピーキングを学び、4技能をバランスよく高めていきました。リーディングの授業では膨大な量の課題もこなしました。心がけていたことは、予習・復習を欠かさないこと。語学力アップには、毎日の積み重ねが大変重要です。

第二外国語としてスペイン語にも挑戦しました。外大祭では、メキシコ人の留学生とメキシコの文化を紹介したり、屋台でトルティーヤを売ったりなど、イベントを企画・運営しました。文化的背景が違う友人たちとひとつのことを成し遂げるには、自分の考えをしっかり伝えることが大切です。ことばを学ぶ意義を実感し、外国語でコミュニケーションをとる自信もつきました。まるで留学しているかのような経験を、たくさん積むことができました。

教養分野での授業もとても魅力でした。政治学の授業では、グローバリズムや国際政治の問題を勉強し、新たな視点や考え方を身に付けることができました。他にも経済学や社会学、文化研究など幅広い分野を学びました。

短期大学部卒業後は、関西外大の外国語学部スペイン語学科に3年次編入学しました。スペイン語学科でも英語の授業があり、英語を継続して学ぶことができました。加えて、ラテンアメリカの社会や文化、政治などを学んだのも興味深かったです。

現在は中辻産業株式会社に勤務しています。BtoB企業なのでみなさんに馴染みが薄いかもしれません。2017年に創業100周年を迎えたCMR(Composite Material Recycle)の老舗です。高精度・高品質乗用車や輸送機器用の部品を製造・販売するとともに、資源循環型社会に向けた総合リサイクルに取り組む会社です。快適で安心な社会の実現に向けて、関西外大で修得した英語とスペイン語を駆使し、貢献していきたいです。