英語学専攻

英語学専攻の概要

英語学は言語学の1つの研究分野で、英語を対象にして、それを科学的に研究する研究領域です。その中核部分には、単語や文などの発音に関わる音韻論・音声学、句・文の構造やそれを構築する規則や原理に関わる統語論、そして句や文などの意味に関わる意味論があります。この中核を含むより大きな研究領域として、ことばの使用に関わる語用論や、ことばの使用と事態認知に関わる認知言語学等があります。その他、英語の歴史や成立過程等を研究する歴史言語学という研究分野もあります。

本研究科の英語学専攻には、中・高英語教員コースと大学英語教員コースがあり、その主な特徴は次の通りです。第1は上記の中核的な研究領域だけでなく、それを含むより広い研究領域についても学習・研究し、英語学の幅広い基礎知識と深い専門知識をともに吸収できることです。第2はこれらの知識を英語教育に活かす方法論について学習し、実際の教育現場で活用できるようになることです。そして、第3は個別の専門科目の教育内容を補足するために、「総合演習」という科目が開講されており、英語学を幅広く、そして、バランスよく学習・研究できるカリキュラムになっていることです。このように、本コースは英語学についての知識を充分に吸収した上で、それを英語教育に活かすことのできる高度専門職業人の育成を目指しています。

-

カリキュラムの特色【博士前期課程】

人材養成目的

外国語学研究科英語学専攻(博士前期課程)は、高度な英語運用能力を基盤とし、国際社会に貢献する豊かな教養を備えた人材を養成することを目的とします。 具体的には、グローバル化社会において地域社会を支える、豊かな英語コミュニケーションを備えた高度専門職業人としての中・高英語教員、また博士後期課程に進学し、知識基盤社会の中核となる専門人材としての教育能力と研究能力を兼ね備えた大学教員等になるための素地を養成します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英語学、英語教育の研究領域に関する基本的な知識を有し、それを関係職業領域で実践的に展開できる能力を有すること、および独自の視点をもって研究できる能力を有することを基準とします。

【修了要件】専門科目から22単位以上、専門演習科目8単位を含め30単位以上を修得のうえ、修士論文または特定課題研究4単位を合わせ、計34単位以上を修得すること。

上記の基準に達した者に、「修士(英語学)」あるいは「修士(英語教育)」の学位を授与します。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1. 教育課程の編成および実施方法に関する基本的方針

  • 高度専門職業人養成をめざすことから、英語学、英語教育に関する専門分野の理論的な知識と教育界などの現場での実務実践を架橋する教育課程の構築をめざします。
  • コースワークから研究指導へ有機的につながる体系的な大学院教育の確立をめざします。
  • 教員の役割および連携を明確にし、体系的な教育を提供するための組織的な指導体制の確立をめざします。

2. 教育課程の編成方針

本専攻の教育上の目的を達成するために、必要な授業科目を置くとともに学位論文の作成等に対する指導を行うなど、体系的な教育課程を編成します。 このため、授業科目『コースワーク』および学位論文の作成等に対する指導科目『研究指導』をそれぞれ「専門科目」と「専門演習科目」に区分します。

  • 専門科目
    • 専門科目においては、高度な英語運用能力を育成するとともに、あわせて言語の持つ構造、意味、機能などの理論や、第二言語としての英語の教授法、第二言語習得理論などの領域の基礎的な知識の習得をめざします。
  • 専門演習科目
    • 専門演習科目においては、高度な英語運用能力をもとに、英語学、英語教育における幅広い専門分野の基礎的な知識の習得をはじめ、学位論文作成にあたって論理的・批判的思考力、論文作成技法などの習得をめざします。

3.授業科目等

科目区分 授業科目 配当年次 単位数
専門科目 形態論・統語論研究 1 4
意味論・語用論研究 1 4
英米文学・英米文化研究 1 4
第二言語習得論研究 1 2
コミュニケーション文法論 1 2
英語学習達成度測定・評価研究 1 2
英語教員・学習者論研究 1 2
英語コミュニケーション研究A 1 2
英語コミュニケーション研究B 1 2
英語教育特別研究A 1 2
英語教育特別研究B 1 2
英語教育特別研究C 1 2
英語教育特別研究D 1 2
英語学特別研究A 1 2
英語学特別研究B 1 2
英語学特別研究C 1 2
英語学特別研究D 1 2
英語学特別研究E 1 2
専門演習科目 総合演習 I A 1 2
総合演習 I B 1 2
総合演習 II A 2 2
総合演習 II B 2 2
  修士論文 2 4
特定課題研究 2 4

カリキュラムの特色【博士後期課程】

人材養成目的

外国語学研究科英語学専攻(博士後期課程)は、高度な言語運用能力を基盤とし、国際社会に貢献する豊かな教養を備えた人材を養成することを目的とします。 具体的には、今日のグローバル化社会において、教育を担う者としての自覚や意識の涵養と学生に対して教育を施すための確かな能力と、自立して研究活動を行うことができる能力を兼ね備えた教育者(大学教員等)などとして活躍できる優れた人材を養成します。

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

英語学、英語教育の研究領域に関する高度な知識を有し、それを関係職業領域で実践的に展開できる能力を有すること、および自立して高度の研究を遂行することができる学究的能力を有することを基準とします。

【修了要件】専門科目から8単位以上、専門演習科目8単位を含め16単位以上を修得し、博士論文の審査、最終試験に合格すること。

上記の基準に達した者に、「博士(英語学)」あるいは「博士(英語教育)」の学位を授与します。

教育課程の編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

1. 教育課程の編成および実施方法に関する基本的方針

  • 教育を担う者としての自覚や意識の涵養と学生に対して教育を施すための確かな能力と、自立して研究活動を行うことができる能力を兼ね備えた教育者(大学教員等)などの養成をめざします。このことから、英語教育における実務実践はもとより、英語学、英語教育に関する深化した専門分野の高度な専門的知識をもとに、自立して高度な研究を遂行することのできる学究的能力を身につけるための教育課程をめざします。
  • コースワークから研究指導へ有機的につながる体系的な大学院教育の確立をめざします。
  • 教員の役割および連携を明確にし、体系的な教育を提供するための組織的な指導体制の確立をめざします。

2. 教育課程の編成方針

本専攻の教育上の目的を達成するために必要な授業科目を置くとともに学位論文の作成等に対する指導を行うなど、体系的な教育課程を編成します。 このため、授業科目『コースワーク』および学位論文の作成等に対する指導科目『研究指導』をそれぞれ「専門科目」と「専門演習科目」に区分します。これに加え、大学教員として必要となる基礎的な知識を習得する科目群として「自由科目」を設けます。

  • 専門科目
    • 専門科目においては、高度な英語運用能力を育成するとともに、あわせて言語の持つ構造、意味、機能などの理論、第二言語としての英語教育における領域の知識の深化・高度化をめざします。
  • 専門演習科目
    • 専門演習科目においては、高度な英語運用能力をもとに、英語学、英語教育における幅広い専門分野の知識を深化させ、自立して高度な研究を遂行できる学究的能力を身につけることができるよう、研究指導教員等による指導のもと、学位論文の完成をめざします。
  • 自由科目
    • 教育を担う者としての自覚や意識の涵養と学生に対して教育を施すための確かな能力と、自立して研究活動を行うことができる能力を兼ね備えた大学教員等を養成することから、その素地として、高等教育制度、大学評価など高等教育に関する知識、および大学教員職としての学識(scholarship)などに関する知識の習得をめざします。

3. 授業科目等

科目区分 授業科目 配当年次 単位数
専門科目 英語学特別研究 I A 1 2
英語学特別研究 I B 1 2
英語学特別研究 II A 1 2
英語学特別研究 II B 1 2
英語教育学特別研究 I A 1 2
英語教育学特別研究 I B 1 2
英語教育学特別研究 II A 1 2
英語教育学特別研究 II B 1 2
専門演習科目 特別総合演習 I A 2 2
特別総合演習 I B 2 2
特別総合演習 II A 3 2
特別総合演習 II B 3 2
自由科目 高等教育論 1 2
大学教員論 1 2

取得可能な資格

教員免許状の取得について

博士前期課程英語学専攻に教員免許状を取得するための課程を置いています。

1. 取得できる免許状の種類および免許状取得に必要な授業科目

【科目一覧】

免許状の種類
(教科)
免許法に定める
最低修得単位数
教科又は教職に関する科目 単位数 必修 選択 備考
中学校教諭
専修免許状
(英語)

高等学校教諭
専修免許状
(英語)
24 形態論・統語論研究 4   1科目4単位
以上を修得
すること
意味論・語用論研究 4  
英米文学・英米文化研究 4  
第二言語習得論研究 2    
コミュニケーション文法論 2    
英語学習達成度測定・評価研究 2    
英語教員・学習者論研究 2    
英語コミュニケーション研究A 2    
英語コミュニケーション研究B 2    
英語教育特別研究A 2    
英語教育特別研究B 2    
英語教育特別研究C 2    
英語教育特別研究D 2    

2. 専修免許状取得の所要資格

「中学校教諭(英語)」および「高等学校教諭(英語)」一種免許状をすでに取得している者、または、取得要件を充たしていることが条件となります。

一種免許状取得要件を充たしていない人(取得していない人)は、学部の科目を履修し、当該一種免許状取得の要件を充足しなければなりません。

教員からのメッセージ

英語学専攻 岡田 伸夫 教授

充実したコースワークを通して 高度な英語力と確かな英語授業力を身に付ける

本コースは、英語学、英米文学・文化、英語教育学の近年の研究に通じ、中学生や高校生にグローバル時代を生き抜く英語力の土台を身につけさせるための授業を創造・実践する力(英語授業力)を備えた教員、将来、中・高の英語教員のリーダーとして活躍できる力を備えた教員を養成することをめざします。

そのために、コースワークを重視し、専門科目として、英語学領域の授業(統語論・形態論、意味論・語用論)と英米文学・文化領域の授業および英語教育学領域の授業(コミュニケーション文法、第二言語習得、4技能の指導法、教材研究、測定・評価、アクションリサーチ、授業デザイン、教員・学習者要因)を開講しています。また、専門演習科目として、少人数クラスで行われる総合演習という授業を開講しています。学生は、専門科目を体系的に学び、総合演習で一人ひとりきめ細かな指導を受けることにより、高度な英語力と確かな英語授業力を身につけることができます。 本コースを修了するには、修士論文または特定課題研究の作成が必須ですが、どちらを選んでも専門科目と専門演習科目をしっかり学んでおけば自信をもって作成することができます。

英語学専攻 大庭 幸男 教授

広い視野と高度な英語力に備え 「授業力」・「教師力」に秀でた大学教員を養成

「授業力」・「教師力」に秀でた大学教員を養成することを主眼とします。また、博士前期課程を修了して、中学・高校、大手の受験関係やその他の企業に就職することも可能です。特徴は2つあります。1つは、英語学についてはもちろんのこと、大学英語教員に必要な幅広い知識を吸収・習得できることです。大学教員にとって、自分の専門を教えることは稀であり、むしろ英語そのものや英語圏の文化・歴史を教える方が一般的です。その際には、いわゆる「授業力」や「教師力」を身につけておく必要があります。本コースでは、英語学関連の授業だけでなく、英語教育関連の授業が開講されており、そのような力を身につけることができます。もう1つは、博士後期課程に進学し、所定の単位を取得した上で、博士論文を書き、博士の学位を授与されたならば、本学の任期つき教員になれることです。この制度は、我が国の大学にはまだ見られない画期的な制度です。大学教員をめざす人は、この制度を利用して是非自分の夢をかなえていただきたいと思います。