KANSAI GAIDAI UNIVERSITY
世界とつながるヒントがここにある、
高校生向けWEBマガジン

IEP|折り紙ワークショップ開催!

 5月25日(火) Interest Group Team では「折り紙ワークショップ」を開催しました。 海外でも“Origami(オリガミ)”として浸透している日本伝統の遊びを通して、留学生と外大生が共に楽しみ交流を深めました。

▲完成した作品を見せ合う様子

 イベント序盤では、アイスブレイクとしてオンライン上のテーブルごとに「自己紹介」と「折り紙」に関連した簡単なディスカッションをした後にワークショップを開始。市販の折り紙が手元にない学生は、ノートや不要紙などで正方形の紙を作り、折り始めました。留学生の中には、日本人以上に折り紙を得意とする学生もいて、難しい個所では繰り返し手元の動きを見せながら丁寧にレクチャーをしていました。

▲折り紙の下準備や、手元の動きを見せる様子

 今回の作品のほとんどは、折り鶴、手裏剣、風船、ボート、カエルなど、日本人にとっても馴染み深いものでしたが、「作る」ことと「(英語で)説明する」ことには異なる難しさや楽しさがあったようです。また、日常会話ではあまり耳にしない、「三角形」や「長方形」など、形を表す様々な英語の語彙力を鍛える機会にもなりました。馴染みが無い「バタフライ」の折り方を初めて教わったり、折り鶴の完成形が海外と日本で若干違うなどという新たな発見もあったようです。

▲折り方の説明 の一例(バタフライ)
▲真剣に「折り鶴」を作成する様子。日本人学生は千代紙を持参し作品も華やか。

 留学生が受講している留学生別科の春学期修了と併せ、今回のイベントをもって、Interest Group Team の今学期IEPイベントも終了となりました。学期を通して無事プログラムを開催でき、チームリーダー達は、携わった方々への感謝と新しい出会いや交流が出来たことへの喜びをイベント終了後に述べていました。

 引き続き、他チームのイベントが5月残りわずかですが開催予定です。また秋学期にもIEPは続きますので、是非今後も楽しみにお待ち下さい!