KANSAI GAIDAI UNIVERSITY
世界とつながるヒントがここにある、
高校生向けWEBマガジン

IEP|春学期も国境を越えた活発な交流

 学生主体のオンライン国際交流「Intercultural Engagement Program(以下IEP)」の春学期の活動は2021年2月にスタートし、4カ月間にわたり留学生と外大生の国境を越えた交流が繰り広げられました。

春学期、短大チームは17イベント実施

 IEPで活動する短大チーム「Kansai Gaidai College Team」は、この春学期、ファッションショーやオンラインヨガなど合計17のイベントを企画しました。5月30日には最後のイベントとして「Farewell Party」を企画し、外大生と留学生合わせ34人が参加しました。

2021年春学期
Kansai Gaidai College Teamが企画したイベント

  • アイスブレーキングツアー
  • バーチャルバレンタイン
  • ソーシャルディベート
  • Dialect(方言)ディスカッション
  • ピカソピクショナリー
  • フードショー
  • セルフケア
  • ファッションショー
  • しりとり
  • ワードウルフ
  • バーチャルシティーツアー
  • スタディーバディー
  • ジェスチャーゲーム
  • 山手線ゲーム
  • オンラインヨガ
  • ワードウルフパート2
  • お別れパーティー

留学生とともに思い出を振り返るイベントを開催

 「Farewell Party」に参加した学生らはグループに分かれ、今学期行われたIEPのイベントで楽しかった思い出などを振り返りました。昨年から継続して参加した留学生は「秋学期、春学期と2学期間続けて参加しました。オンラインを通して多くの外大生と知り合うことができて嬉しい」「生きた日本語に触れることができ、色々な表現を理解できるようになった」と話していました。また「次は日本で会いたいね」「日本に行ったら一緒に何をしようか」と、対面で交流できる日を楽しみにしていました。

オンライン会議システム「Remo」を使ってイベントを開催

今学期の活動を振返り、チームリーダーの芝田さんは以下のようなコメントを述べていました。

芝田美梨さん

短大チームでは、「もっと英語を話せるようになりたい」と思う学生に向けたイベントをたくさん実施しました。これらのイベントを通して外大生だけでなく、英語を教えてあげたいと思っている優しい留学生にもたくさん出会うことができました。リーダーとしてプロジェクトに携わったことで、私自身のコミュニケーション能力も向上し、IEPに参加できたことに感謝しています。

プロジェクトマネジャー、リーダーによる報告会

報告会に参加した外大生と留学生

 同日の5月30日の夜にはIEPのプロジェクトマネジャーと各チームのリーダーによる報告会とお別れ会が行われ、40人の留学生と外大生が参加しました。冒頭、国際交流部の廣本玲子部長が「IEPは皆さんのご協力なしでは成し遂げられなかったプロジェクトです。まだまだコロナ禍で対面での交流は難しいですが、こうして学生同士が国境を超えてつながれたことを嬉しく思います」と、労いと感謝の言葉を述べました。

今学期開催したイベントのポスター
村上達哉さん

秋学期のIEPイベントは9月から開始します。引き続き留学生と外大生を繋ぐたくさんのイベントを提供しますので、次学期もお楽しみに!