IEP|メキシコの留学生とスペイン語で話せる&学べるイベント開催!

 スペイン語圏の文化を学ぶ「スペイン語ゲームパーティ」が9月18日(木)に開催されました。スペイン語学科1年生と2年生計34人が参加し、メキシコ・モンテレイ工科大学留学生との交流を楽しみました。 

 イベントの前半は、留学生によるメキシコ独立記念日のプレゼンが行われ、参加者は独立までの歴史的変遷を学びました。また、独立記念日の伝統料理や服装、音楽、パレードの様子なども紹介され、プレゼンの最後は¡VIVA MÉXICO!(メキシコ万歳!) という掛け声で締めくくられました。

 後半は、2チームに分かれてLotería(ロテリア)と呼ばれるビンゴゲーム大会を開催。ロテリアはメキシコの伝承遊びの一つで、番号の代わりに絵柄の付いたカードが用いられ、誰が先にビンゴカードの列を揃えられるかを競うゲームです。スペイン語でカードが読み上げられるため、初めは苦戦していた参加者も、絵柄を見ながらうまく合わせていました。優勝者には「スペイン語について何でも相談できるチケット」が賞品として贈呈されました。

 イベント終了後は、Remoと呼ばれるオンライン交流プラットフォーム上で留学生と参加者が自由に交流しました。

 イベント後のアンケートでは「大学に行けない状況でこういった活動はモチベーションアップにつながった」「あまり話せなかったのが悔しい…!リスニングも頑張ろうと思った」など、留学生との交流は今後の学習意欲向上につながったようです。

 スペイン語学科生を対象としたイベントは今後も開催される予定です。次回は留学生とのスペイン語交流会とスペイン語圏に留学していた学生による帰国生スピーチを開催します。

 留学生と交流できる様々なイベントはRapportの「Intercultural Engagement Program オンライン上の国際交流プログラム始動」で特設サイトを紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

back to top